TOP > 不整脈

不整脈の予備知識

不整脈とは、ふつうは規則的に脈打っている心臓が、そのリズムを乱し、速く脈打ったり、逆に遅くなったりすることを言います。

脈の乱れである不整脈は、健康な人でも起きる症状ではありますが、大事なのはその不整脈が治療を必要とするかどうかをきちんと見極めることです。

一般的には、心臓は1分間に50~100回脈打つとされていますが、100回以上に早くなったり、50回以下に遅くなったりすると、体に不調をきたします。100回以上の脈を頻脈と呼び、胸がドキドキする。胸に圧迫感を感じる。

胸が痛いなどの症状が出ます。50回以下の脈は除脈と呼ばれ、全身の倦怠感やめまい、ふらつきの症状が出ます。不整脈は、自覚症状が出ないことも多いので、年に一度は健康診断を受けるようにしましょう。

不整脈が起きる場合は、心筋梗塞や狭心症、心不全などの病気が隠れている場合がありますので、健康診断を受けることで、それらの病気の予防にも役立ちます。

こちらのカテゴリでは、不整脈の正しい知識について、不整脈の症状について、不整脈を予防するにはどうすればいいのか、などをご紹介しています。

不整脈の正しい知識

ふだん、心臓は1分間に50回から100回の鼓動を刻んでいます。その規則正しい鼓動が乱れたときを不整脈と呼びますが、一日の鼓動10万回のうち、2,3回の乱れが起きたとしても、それは心臓に問題ない場合がほとんどです。

不整脈というと、とても怖いというイメージがあると思いますが、正しい知識を得ることで、治療が必要な不整脈なのかどうかに気づくことができます。怖がるだけではなく、不整脈を正しく理解することが大事です。

・不整脈を正しく学ぼう
心筋梗塞?狭心症?「不整脈」に恐怖する前に正しい理解を!

不整脈は、脈拍が早くなる頻脈、脈拍が遅くなる除脈、脈拍が途切れる期外収縮という症状に分けられます。この3つの症状があったとしても、心配ない不整脈というのもあります。

ですが、息切れ、動悸、めまいが続く、意識が無くなるなどの症状が出た場合は、心配な不整脈。それも緊急を要する場合が多いので、早急に病院を受診しましょう。

・頻脈なのか除脈なのか
あなたの脈拍からわかる危険な予兆や症状まとめ

不整脈の症状とは

不整脈には、頻脈、除脈、期外収縮という症状があります。不整脈と聞くと、とても怖いと思われると思いますが、脈が途切れる症状である期外収縮は、ほとんどの場合そう心配する症状ではありません。

脈に異常があるとなれば、怖いと思うのは当然のことですが、やたらと怖がっては余計にストレスになってしまう可能性もあります。

ただ、期外収縮は心配しなくてもいいとはいえ、私たちの体の中で重要な役割をしている心臓に関することなので、心配だと思われた場合は、すぐに病院を受診されてください。

・脈が途切れる
誰にでも起こる期外収縮(不整脈)の症状と対応

不整脈の予防方法とは

不整脈が起きる原因としてはさまざまありますが、中でも注目されているのが、ストレスと自律神経の乱れです。この2つは、不整脈を起こす大きな原因であると言われています。

ということは、自律神経の乱れとストレスを予防出来れば、不整脈の予防にもなるということがお分かりになるかと思います。自律神経には、ビタミンAが効果的です。カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、乳製品を積極的に摂取しましょう。

また、ストレスには、カルシウムがいいというのは有名でしょう。カルシウムは、牛乳や小魚に豊富に含まれています。ただ、苦手という方も多いので、そのような方は上手にサプリメントを取り入れましょう。

・ストレスと自律神経との関係
不整脈を食事で予防!効果的な食べ物と口にしない方が良い食べ物

コーヒーは利尿作用があり、抗酸化物質が豊富であることから、高血圧の方や太り気味の方には、その特徴がプラスに働きます。ですが、コーヒーにはカフェインが入っており、刺激的な飲み物であるということを知っておく必要があります。

不眠、イライラ、不安感など、コーヒーが原因?というような症状が出ることが多くあります。また、コーヒーは不整脈の症状である動悸を引き起こすことが分かっています。

心拍数の増加も引き起こしますので、飲み過ぎないよう、自分がどれくらいの量を飲んでいるのか確認しておきましょう。

・おススメできないコーヒー
コーヒーで不整脈がおきる?!知っていた方が安心なコーヒーのお話

重度の不整脈は、病院での治療を必要としますが、心配しなくてもいい不整脈であれば、ツボ押しで予防することができます。不整脈の原因であるストレスを発散させるツボ。異常がある脈を正常に戻すことができるツボ。

不整脈予防に即効性があると言われているツボ。これらを刺激することで、不整脈を予防できます。ただし、不整脈かもしれないと思われた場合は、必ず医師の診断を受け、心配がないということを確認されてから、ツボ押しをされてください。

・ツボ押しで不整脈予防を
軽い不整脈はツボでしっかり予防!?効果的なツボをご紹介

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る