TOP > > 鉄分不足だけじゃない、貧血の様々な原因とその治療法

鉄分不足だけじゃない、貧血の様々な原因とその治療法

貧血気味かなと感じても、鉄分を摂るようにしようと思うくらいであまり深刻に考えない方も多いと思いますが、実は貧血の原因は鉄不足だけではありません。ビタミンB12や葉酸の不足、血液を作る一番元となる細胞の障害、赤血球の寿命が短くなってしまうことなどが原因で貧血になることもあります。

赤血球の中にあるヘモグロビンは全身に酸素を届ける役目をしています。このヘモグロビン濃度が低下した状態が貧血です。貧血になると全身に酸素を届けることができなくなります。

それによりだるくなる、疲れやすくなる、めまい・息切れ・動悸が起きる、肩こり、顔色が悪くなるなどというような症状が出てきます。少しずつ進行していくため体質だと思って諦めてしまい、自分が貧血であることに気付かずに生活している方も多いようです。

鉄欠乏性貧血

貧血全体の7割が鉄不足によるものです。頻度も高いですが、治りやすいタイプでもあります。鉄はヘモグロビンの材料であり、酸素を運ぶという重大な任務を担っています。鉄が不足することによりヘモグロビンが造れなくなり、酸素を運べなくなって貧血になります。

だるい、疲れやすい、めまいがするといったほかに、煎餅のような硬いものや氷などを大量に食べたくなる(異食症)、爪がスプーン状に反る、肌がカサカサになる、口内炎・口角炎になりやすくなる、食べ物が飲み込みにくくなるなどという症状が出ます。

原因は偏食や鉄の吸収不良(胃の切除の為など)で鉄の摂取が減ること、成長期や妊娠により鉄の需要が増えること、慢性的な出血により徐々に血が失われることがあります。

貧血というと女性の病気のイメージですが、働き盛りの男性に心配なのが慢性出血による貧血です。胃潰瘍や大腸ポリープなどで少しずつ出血していき、貧血になることもあります。

少しずつ進むため、出血していることにも自分が貧血であることにも気付きにくくなります。疲れやすくても仕事が原因と思いがちでしょう。

疲れやすい、だるさが続くといったときには一度診てもらいましょう。また、検査で貧血と言われたらほっておかないようにしましょう。貧血の裏に大きな病気が隠れていることもあります。

原因を取り除くことで鉄剤を使わなくても改善することもあります。それでも治らない場合には鉄剤を服用します。服用して2~3ヶ月で貧血症状は治まってきますが、それで止めてしまわないことが肝心です。

体内に貯蔵される鉄量も増やさなくてはいけないので、医師の指示に従い、半年くらいは続けるようにしましょう。

再生不良性貧血

貧血の中でも一番治りにくいとされます。赤血球も白血球も血小板も、元は全て同じ「造血幹細胞」というものからできていますが、この造血幹細胞が障害を受けることで全ての血球が造れなくなってしまうことで起きる貧血です。

赤血球が減少すると動悸、息切れ、立ちくらみなどが起きます。白血球が減少すると感染症にかかりやすくなり、血小板が減少すると出血しやすく、あざができやすくなります。

軽症の場合には経過観察か、タンパク同化ホルモンを使用します。タンパク同化ホルモンは造血を進める作用がありますが、効果がみられるまでには数ヶ月かかります。

中等度ではタンパク同化ホルモンか免疫抑制療法、重度ではいくつかの条件が揃えば骨髄移植が行われます。条件が満たせない場合は免疫抑制療法を続けます。

溶血性貧血

通常は120日ほどある赤血球の寿命が短くなって起きる貧血です。息切れやだるさなどの貧血症状のほか、黄疸、脾臓の腫れがでます。先天的なものと後天的なものがあります。先天的なものは赤血球の変形が原因で、そのまま様子をみていくこともありますが、ひどいときには脾臓と摘出します。

後天的なものには自己免疫性のもの、運動によるものなどがあります。自己免疫性のものは自分の赤血球に対して抗体を造り、赤血球を壊していきます。

副腎皮質ステロイド剤を投与することで改善しますが、効かない場合には脾臓摘出か免疫抑制剤を投与します。運動によるものは、ジョギングなどで足の裏に衝撃がかかり続けることで赤血球が壊れてしまう症状です。

巨赤芽球性貧血

ビタミンB12、葉酸の欠乏により赤血球になる前の段階で異常が起きたもので、正常な赤血球が造られず、貧血となります。アルコールの飲み過ぎにより葉酸の吸収が阻害されて貧血になることもあります。ビタミンB12を投与したり、葉酸を摂取するように食事を気をつけます。

巨赤芽球性貧血のうち、胃粘膜萎縮によりビタミンB12を吸収できなくなることが原因の貧血を悪性貧血と言います。昔は原因不明で死に至ることもあったため「悪性」と名前がつきましたが、現在ではビタミンB12を投与すれば回復することがわかっています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る