TOP > > 知らなかった!貧血の原因が、足の裏にあったなんて!

知らなかった!貧血の原因が、足の裏にあったなんて!

貧血はどうして起きるの?

貧血の原因は、たくさんありますが、その内の1つに外的要因があります。身体の中で起きていると言うよりも、外からの衝撃が原因となっている起こる貧血です。それは、ズバリ、足の裏で起きています。

走るのが好きな人、定期的にかなり足の裏に衝撃を与えてしまう人は、慢性の貧血になりやすいようです。それは、衝撃によって、血液中のヘモグロビンや血小板が壊されてしまうからです。

しょっちゅうマラソンや、マラソンのための走りこみをしている人、仕事上立ちっぱなしで、走ったり歩いたりが多い人、その割に食事が足りていない人などは、貧血になってしまう場合があるのです。身体のほかの部分と違って、足の裏は常に衝撃を受けています。

それでも、血を作り出す食事内容で、それが十分に摂れていれば、例え足の裏で壊れてしまっても、常に補うことができるのですが、そういう人に限って、食事の量が足りなかったり、生活が不規則だったりして、なかなか造血が追いつかなくなってしまうのです。

貧血を予防して改善するには…

趣味や仕事上でどうしても足の裏の破壊を減らせない方は、壊れてもいいように血液を作りやすい食べ物を常に多目に摂ることが必要です。好き嫌いが多いとか外食で思うように食事が摂れないという方は、鉄剤を飲むという手もありますが、薬で補う癖を付けてしまうというのは、あまりオススメしません。

それに、貧血にも色々な種類があり、一般的な鉄分不足のものもあれば、他の成分が足りないとか別の原因による場合などもあるので、鉄分だけ足りてれば貧血にならないというわけでもないのです。

とはいっても、突出して原因の見当たらない場合の貧血は、他の病気との関連などもありますので、内科を受診して調べてみる方がいいでしょう。

血液の役割を知っていますか?

血液は、言わば運搬システムです。色々な種類の運搬車がいて、それぞれ運ぶものが決まっています。酸素やタンパク質やミネラル、ビタミンなど色々な物をそれぞれが運ぶのです。

例えば、酸素の摂取量は足りていても、酸素を運ぶ担当のヘモグロビンが少ないと、隅々まで行き渡らなくなります。それも貧血の1つだと言えます。

だから、鉄分に限らず、血液その物を作り出せるような食材を調理して食べるのがベストなのです。特に女性は、毎月生理で出血しますので、多目に意識して補わないと、他の条件が加わるとすぐに、貧血になる恐れが出てきます。

人間の身体はうまくできていて、なんらかの理由で出血があり、血液が不足していると感じたら、せっせと造血を始めます。新しい運搬人を造りだして血管に排出するのです。その時に必要な成分が足りないと、十分に送り出せないというわけです。

どんな食べ物が血を造り出すのでしょうか

一番有効なのが、動物のレバーです。中でも、豚、牛、鶏の順に栄養価が高いと言われています。その他にカキ、ハマグリ、アサリなどの貝類も良いのですが、それだけを食べたからといって、有効成分が100%吸収されるわけではありません。

貧血にかぎらず、カルシウムやビタミン群などを有効に吸収するために、その吸収を助ける野菜や他の食材を一緒に調理して、吸収率を高めることが重要なポイントです。

例えば、カルシウムを摂りたいからと、牛乳などの乳製品を多量に飲食しても、吸収率はごく僅かです。カルシウムはビタミンDと一緒に摂取することで吸収されるからです。

このように、助けるというのは、摂りたい成分と相性の良い成分を一緒に摂るということです。同時に、その成分の特性を考えて調理しないといけません。調理の方法を間違えるとせっかくのその成分が調理過程で壊れたり出てしまったりして、吸収率を上げる助けにならないからです。

造血を助ける料理とは?

野菜にも鉄分やタンパク質を含むものがありますが、その割合は少なく、動物性タンパク質の比ではありません。なので、吸収率を高めるためには、ビタミンの多い野菜と動物性タンパク質を組み合わせると覚えておいて下さい。

レバーが嫌いという人は多いと思います。貧血度がひどい人は、好き嫌いを言っている場合ではないので、調理方法を工夫するなどして、できるだけ食べられるようにするのが一番です。

でも、どうしても食べられないならば、代わりにひじきやシーチキン、鶏肉、牛や豚のもも肉など赤身の部分を、他の野菜と調理するといいでしょう。

大豆食品にもタンパク質は多く含まれています。例えば、一昔前かもしれませんが、一般的なおふくろの味の筆頭とも言える、ひじきの煮物などは、大豆や人参も入っていて、理想的な造血料理です。

昔の人は、ちゃんと理屈ではなく、食材の組み合わせや身体に必要な物がわかっていたと言えますね。うなぎにもビタミンB2が多く含まれており、同時に動物性タンパク質も摂れますので、元気の出る食べ物であることは間違いありません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る