TOP > > 甘く見るな!命の危機もあり得る貧血を改善する3つの方法

甘く見るな!命の危機もあり得る貧血を改善する3つの方法

女性に多く見られる貧血という症状。多くの女性陣は、「貧血は一生付き合っていく症状」と諦めている人が多いのが現状です。そんな甘く見られている貧血ですが、実はもの凄く恐ろしく症状で、命の危機に瀕する事も!そんな貧血を改善する3つの方法をご紹介!

貧血を美化した認識とは?

一般的に、貧血と言えば女性に多く見られる症状です。そしてそれらの女性は、自分自身が貧血であることを、さも当たり前かのように受け入れているのです。「私は貧血持ちだから一生貧血と付き合っていく運命なのよ」そう考える女性が多いのが現状なのです。

また、日本特有のか弱い女性が美化される風潮も、貧血を良しとする女性が多い理由と考えられます。そんな多くの女性が放置している貧血という病気ですが、実は放っておくと重大な病気になっていることに気付かない可能性もあります。貧血を当たり前と思わずに、命の危険がある危険な病気であることを認識して改善していきましょう。

貧血が引き起こす重病を見落とすリスクとは?

まずは、男女問わず貧血症状が発生しやすい人の特徴を見ていきましょう。

  • 無理なダイエットで必要以上にカロリー制限をしている人
  • ベジタリアンなどの食事に偏りのある人
  • 癌の病気を抱えている人
  • 飲酒量が極めて多い人

これら全てに該当しているような人は、大変危険な状態です。大変危険な状態とは、貧血の症状が現れるだけではありません。貧血の症状は、身体がダルい、息切れ、立ちくらみなどがあるんですが、これって貧血の自覚症状がある人からすると、結構普通の症状なんですよね。

それで少しくらいの立ちくらみだったりでは我慢してしまうわけです。そして、症状がひどくなって病院に言っても、「結構昔から貧血持ちでしてー!」なんて医者に言うと、医者も「貧血だな!」と判断し、重病を見逃してしまうかも!

今や日本人の死因として、不名誉な第一位にリストアップされているのは癌なんです!そして、貧血を放置していると、癌になるリスクも高まってしまうんです!貧血は一生付き合っていく病気ではありません!自己改善していきましょう。

貧血を改善する食事3つのポイントとは?

よく貧血は鉄分不足が原因と言われます。この鉄分不足によって貧血が発生する!という状態は間違いありません。しかしながら、鉄分不足を補おうと「鉄分が豊富!」と言われる食材を大量に摂取しても、あまり効果的ではありません。

例えば、「ゴマ」という食材を挙げますが、確かにゴマ100g摂取すれば鉄分10mg程度は摂れますが、ゴマ100gを一日で摂取するのは現実的ではありません。ではどのように鉄分を摂取するのがベストなのでしょうか?基本的なポイントは下記の3点になります。

  • たんぱく質を十分に摂取する。
  • 野菜を食べる事でビタミンCを摂取し鉄分の吸収率を上げる。
  • 動物性のたんぱく質を優先的に摂取する。

鉄分が不足する理由として挙げられる意外な理由に、たんぱく質の不足が挙げられます。たんぱく質を豊富に含む食品をしっかり摂取出来ている場合、鉄分も必要量摂れていると考えられます。

たんぱく質と一言で言っても、肉や魚などのような動物性たんぱく質とタマゴや大豆のような植物性たんぱく質がありますが、たんぱく質をより豊富に含むのは動物性たんぱく質になります。

また、野菜などのビタミンCを豊富に含む食材を一緒に摂取することによって、鉄分の吸収率も高まります。ここまで、貧血を起こしやすい人の特徴や、貧血を改善するための食事における3つのポイントなどをお話ししてきましたが、一番のポイントは何事も偏りなくバランス良く取り組むことなのです。

過度なダイエット・必要以上の菜食主義はおススメ出来ません。また、食事面ではたんぱく質の摂取だけに捉われてしまうのも良くありません。また、たんぱく質摂取においても動物性・植物性をバランスよく楽しんだ方が良いです。何事も適度なバランスが一番重要です。貧血を慢性的な症状と考えずに、根本から治してみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る