TOP > > 冬は髪の抜け毛に注意!寒さによる頭皮ダメージの原因と予防法

冬は髪の抜け毛に注意!寒さによる頭皮ダメージの原因と予防法

冬が近づいてくると気温が低下し、湿度も低くなってきます。いわゆる「乾燥の季節」の到来なのですが、この季節に一番注意をしなくてはいけないことがあります。それが何だか分かりますか?その答えは「肌の乾燥」です。

肌の表面がカサカサになり、皮膚に含まれる保湿成分が失われてしまう のです。そして痒みや痛みなどの症状が発症し、「しもやけ」や「あかぎれ」へと悪化することも考えられます。このような問題は肌だけに発症する症状ではなく、実は頭皮にも同じことが言えるようです。

冬には抜け毛が多いは本当?

冬になると、抜け毛が多くなるという話を聞いたことがありませんか?毎年秋になって気候が変化すると、何となく頭の痒みやフケが目立ち、抜け毛も多くなるというものですが、実際にもこのような症状は多く見られます。これらの症状は寒さと気候の変化が大きく関係しているのです。

気温の低下による血管の収縮

人間の身体は代謝によって体温をコントロールしています。代謝とは無意識下で行う生命反応ですが、気温が低下すると血管を収縮させる作用も、その中の一つになります。これは、外気の寒さによって体温を身体から逃がさないための作用で、血管を収縮させることで血流を阻害し、熱交換を悪くする働きがあります。

頭皮にある血管も同様で、寒くなると収縮してしまい血流が悪くなります。ここが抜け毛と大きく関係してくるポイントで、血管が収縮してしまうと、十分な栄養が頭皮に運ばれてこない状況が生まれてしまいます。

通常であれば十分に酸素や栄養が頭皮に運ばれていたのが、収縮した血管ではそれが十分ではなく、髪の毛まで行き渡らない状況になるでしょう。寒さによる血管収縮が髪の毛の栄養を阻害し、抜け毛の原因となるのですね。

空気の乾燥による頭皮のダメージ

寒さと同じく冬の特徴と言えば「空気の乾燥」です。冬場は野外だけではなく、室内でも暖房の影響で湿度が低くなります。乾燥した空気の中では頭皮に含まれる保湿成分が蒸発してしまい、皮膚が乾燥してしまうことが考えられます。

肌と同様に頭皮もカサカサになり、弾力性や潤いが失われ、痒みやフケの原因になるのです。また、頭皮の乾燥は肌のバリア機能が低下してしまい、菌などに感染しやすくなるリスクも高まるのです。空気が乾燥してくるとフケや痒みが多くなる人は、特に注意が必要ではないでしょうか。

皮脂の分泌が減ってしまう

おじさんの代名詞である「皮脂」は、頭皮に潤いを与えるために重要な働きをしています。皮脂は大量に分泌されると毛穴を塞ぎ抜け毛の原因になりますが、適量では頭皮を守る保湿クリームの役割を持っていたのです。この皮脂の分泌が冬場は阻害されてしまうことがあります。

前述しましたが寒くなると頭皮の血管が収縮してしまいます。収縮した血管では皮脂の分泌量も減少してしまい、空気の乾燥と共に頭皮も乾燥してしまいます。大量の皮脂は脂ぎったイメージを受けますが、実は重要な働きがあったのですね。

入浴の仕方に問題が

寒くなると毎日の楽しみがお風呂ですよね。冷え切った身体を温めてくれるお風呂は、収縮した血管を広げ身体を芯から温めてくれます。しかし、この入浴行為に抜け毛の原因が隠されていました。皆さんは夏場と冬場のシャワー温度を変えていませんか?私も夏場は39℃~40℃程度に設定していますが、冬は41℃~42℃に変更しています。

もちろんこの温度で洗髪をするのだから、冬の方が高い温度で洗髪することになります。高い温度での洗髪は、皮脂を必要以上に洗い流す要因であり、頭皮の乾燥の原因にもなるのです。冬場は夏場よりも洗髪に注意を払う必要があるようです。

帽子の使用はホドホドに

冬に帽子をかぶることが多いと思いますが、その着用には注意が必要なようです。帽子は冬の寒さや乾燥から頭皮を守ってくれるので、抜け毛対策としても有効なのですが、ある条件では頭皮にダメージを与えることにもなります。

冬の帽子と言いますと「ニット帽」が流行していますが、最近では頭に密着したタイプが人気のようです。このようなタイプのニット帽は、頭皮を蒸らしてしまい毛穴を塞ぐ原因になります。

また繰り返し使用することで、雑菌が頭皮に付着するリスクを高め、皮膚炎などの感染症の原因にもなります。寒い中での使用であれば大きな問題はないと思いますが、冬のファッションとして室内でも着用していると、頭皮トラブルが発生するかも知れませんね。

朝夕のヘアケアには抜け毛の原因があった

お風呂で洗髪したら、ドライヤーで十分乾かさなくてはいけませんよね。また朝の出勤前にドライヤーで髪を整えている人も多いと思います。このようなヘアケアは頭皮を清潔にする上で重要なのですが、冬場にはちょっと気をつけたいポイントがあります。

冬場はお風呂上りに寒いせいか、ドライヤーを長時間使用したり、近づけて使用したりするケースがあります。ドライヤーの使用が長くなると、頭皮に熱風が過度にかかることで、乾燥の原因を作ってしまいます。

また、ドライヤーを近づけると軽い火傷症状を生む可能性もあり、乾燥やフケの原因になってしまうのです。朝夕のヘアケアでのドライヤーには十分注意しましょう。

寒さによる頭皮ダメージを減らす方法とは

寒さが原因による抜け毛を減らすためには、頭皮の環境を悪化させないことが重要です。簡単にできる頭皮ダメージ予防法を紹介します。

頭皮だけでなく身体全体の血流を改善させる

抜け毛を防止する上で、頭皮の血行を改善することは重要ですが、実は頭皮だけの血行を改善させることは難しいようです。それは身体の他の部分が冷えていれば、最終的に頭も冷えてきますので、結果として頭皮の血流が悪くなるからです。

そこで重要なのが身体全体を温めて、血流を改善することであり、方法として生活習慣を見直すことだったのです。

【見直しポイント1】
外出する時は温かい服装を心掛けて下さい。特に上半身と下半身のバランスに注意して、ダウンジャケットにスカートなどの服装は控えるようにして下さい。

【見直しポイント2】
外出時には帽子を着用しますが、頭に密着したものではなく頭皮が蒸れないものを選びましょう。定期的な洗濯も忘れないようにしましょう。

【見直しポイント3】
室内など暖かい場所では、上着や帽子を脱いで汗をかかないように注意しましょう。

【見直しポイント4】
冬場の運動を心掛けて、ウォーキングなど身体を温めるようにしましょう。軽い運動は筋肉をほぐし、身体全体の血流を改善します。

【見直しポイント5】
ジュースやアイスクリームなどの冷たい食べ物は、身体を冷やす原因になりますので、控えた方が良いでしょう。飲み物は温かいものを選んで下さい。

食生活も抜け毛を予防する重要ポイント

栄養不足は抜け毛を促進させる原因の一つで、バランスの良い食生活が予防には効果があります。特に冬は温かい麺類など炭水化物中心の食生活になりやすいので、タンパク質を十分に取ることを心掛けて下さい。

またビタミンやミネラル、ヨードなども髪の毛には必要なので、野菜や海藻類も普段から食べるようにしましょう。

洗髪を毎日する必要はなかった

特に女性の中には毎日洗髪を行う人が多いと思いますが、冬場は夏場と違い頭皮の汚れは酷くありません。毎日シャンプーすることで、反対に頭皮を乾燥させてダメージを与えている可能性もあります。

特に汚れた理由がなければ、2日に1回程度の洗髪で十分です。毎日の洗髪は控えた方が良いでしょう。また熱いお湯での洗髪も頭皮の乾燥原因になることから、冬でも39℃~40℃程度までのお湯を使用しましょう。

ブラッシングは静電気に注意

冬は乾燥しており静電気が発生しやすい環境になっています。髪の毛のブラッシングで「バチッ」と音が鳴る経験をしたこともあると思います。ブラッシングでの静電気は髪の毛を痛めて、抜け毛の原因になりますので、ブラッシングを行う際には専用のミストや水を使用して下さい。

頭皮のマッサージで血流促進

頭皮の血流を改善するには温めることも重要ですが、こわばった頭皮ではなかなか改善されないこともあります。こわばった頭皮にはマッサージが有効で、お風呂上りや就寝前に行うようにしましょう。

方法は簡単で頭皮を手の指先(爪を立てない)で、ゆるめるようにマッサージするのです。また指を回したり軽くトントン叩いたりする方法も良いでしょう。くれぐれも爪で頭皮を傷つけないように注意して下さい。

保湿剤や育毛剤を利用しよう

毎年のように頭皮が乾燥してしまう人は、保湿剤や育毛剤を使用するのも有効です。最近では保湿剤入りのリンスやトリートメントなど、頭皮を乾燥させない商品も多く発売されているようです。特に冬場に特化した商品もありますので、自分に合った商品を選んで利用してみて下さい。

また育毛剤には頭皮の乾燥を防止し、フケや痒みを予防する効果がありますので、育毛剤を利用するのも良いと思います。ただし、頭皮に異常がある場合は、皮膚科で診察してもらうことも重要です。

夏のダメージも冬の抜け毛の原因だった

実は冬場の抜け毛の原因は冬のせいだけではありません。夏場に受けたダメージが、冬場に現れることがあるのです。それが紫外線によるダメージであり、強い紫外線を浴びると毛根が弱くなってしまい、髪の毛も細くなってしまいます。

このような髪の毛が増えてしまうと、冬場に抜け毛が大量に発生してしまうのです。夏場には頭皮の紫外線対策も重要ですね。

冬の抜け毛予防は頭皮を思いやることが重要

冬場に抜け毛が増える原因には色々とありますが、多くが頭皮のトラブルと考えても良いようです。頭皮は髪の毛に隠されていることから、なかなかその表情を見ることはできませんが、場合によっては損傷を受けていることもあるのです。

肌であれば「しもやけ」「あかぎれ」など、すぐに気が付くのですが、頭皮ではそのサインに気が付かないことも多いのです。抜け毛は頭皮トラブルの最終サインと考えて、そうならない前に対策を取ることが重要でしょう。そのためには寒くなるとコートを着るように、頭皮のケアも忘れないで行って下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る