TOP > > 手作りの除菌剤でアレルギーを防ぐ。家でできる除菌スプレーの作り方

手作りの除菌剤でアレルギーを防ぐ。家でできる除菌スプレーの作り方

日本人はいつからこんなにキレイ好きになったのでしょうか。どこのご家庭に行っても、必ず除菌剤のボトルが一本はあるというほど・・・いや、1本とは言えない勢いでしょう。消臭剤に柔軟剤、芳香剤など、あらゆるものに除菌シールがついているのが当たり前の時代になりました。

本来、菌は常に身近にある存在です。本来なら、ある程度の共存をはかりながら、こちらも耐性をつけて行くものですが、時々は暴れ出して病気や皮膚などの疾患を引き起こしてしまうので、「あらかじめ除菌しておいた方が安全」とされています。

しかし、強い除菌剤を使いすぎると、逆にアレルギーを促進してしまうと知っていますか?

除菌しすぎる怖さ

例えば高齢者であれば、除菌を徹底するのは良いことと言えます。それは、「これから体を鍛えて抵抗力を高める」ことが、体力的に難しいからです。どうしても菌に対抗する力が弱まっているので、病気を寄せ付けないために除菌するのは効果的です。

しかし、赤ちゃんが生まれ、これから育とうという環境で除菌をしすぎたらどうなるのか。

風邪やアレルギーは免疫力が高いほどなりにくい病気です。しかし小さな頃から菌に触れる機会を持たないでいると、免疫力は育ちません。

親としては清潔な環境を整えるのが子供のためと思いがちですが、実は、すればするほど、生きて行く上で必要な体の基礎力の成長を阻害することにもなりかねない怖さがあるのです。

表現は良くありませんが、子供を育てる環境としては、「ちょっとくらいは汚れている方が良い」とも言えるほど。強い子を育てたいなら、むしろ除菌剤には頼らない方が良いのです。

とはいえ、家の中が汚いと大人自身が落ち着きませんよね。肌が弱かったりアレルギー体質の人がいる家庭では、「汚いままで放置」なんて、とても無理な話です。では、安全な除菌剤があるのでしょうか?

安全な除菌剤は手作りしよう!

残念ながら、一般的に売られていて、絶対に安全だと言えるものを探すのは困難です。

なぜなら、塩素などの強い成分を使っていなくとも、どんな成分をどのように加工し使っているのかは「企業秘密」なので公開していないことがほとんど。質問をしても答えてもらえないこともあり、買い手が内容を詳しく知るのは難しいのです。

多くの人が問題なく使っていても、肌の弱い人や赤ちゃんがかぶれてしまうケースはゼロではありません。安全に家を清潔にしたいなら、除菌剤は手作りするのがオススメです。

除菌剤の作り方

アロマ用の精油が、香りも良く除菌や虫除けの効果もあってオススメです。天然成分100%のオイルを使って下さい。アロマは種類が豊富ですから、好きな効果や香りをいくつかブレンドするのも良いですね。

軟水のミネラルウォーター、または精製水 100ml
無水エタノール 10ml

精製水はドラッグストアで売っています。必要な量が欲しければ、この2つを10対1の割合で混ぜるだけ。あとは好みのオイルを20滴たらして出来上がりです。簡単でしょう?

量ったり配合したりするのが苦手な人は、除菌剤の手作りキットなども通信販売で売られていますので、最初はそれを使うと失敗がないですよ。

ちなみに、エタノールは蒸発すれば成分が飛ぶので、肌が弱い人や赤ちゃんがいる家庭でも安心して使えます。それでも心配であれば、しっかり乾くまでは触らないように気をつけて下さい。

除菌剤も消臭剤も、スプレーボトルに入れておくと使いやすくて便利です。各部屋に1本、それぞれの好みで作った除菌剤を用意しておくのも良いですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る