TOP > > 気付きにくい!後から症状が起こる食品アレルギーの疑われるケース

気付きにくい!後から症状が起こる食品アレルギーの疑われるケース

食品アレルギーには即時型と遅発型があった

よく知られている食品アレルギーとは、アレルゲンを含む食品を食べるとしばらくしてアレルギー反応が起こるというものです。実は食品アレルギーにはこのように食後すぐに起こる「即時型」のほかに、数時間以上経過してから起こる「遅発型(潜在型)」もあるのです。

遅発型の場合、症状が起こっても原因が食品と気付かれにくいため、自分にアレルゲンがあることを知らない人も少なくありません。この遅発型フードアレルギーは意外に多いといわれています。

遅延型フードアレルギーの症状

即時型の場合にはじんましん、かゆみ、発赤、呼吸困難などの症状が起こるのですぐに気付くものです。遅発型の場合は即時型とは異なった症状がみられるのが特徴です。次のような症状はもしかすると遅発型フードアレルギーが原因かもしれません。

  • 腹痛・吐き気
  • 便秘・下痢・過敏性腸症候群
  • イライラ・情緒不安定・うつ
  • 集中力低下
  • 倦怠感・疲労感
  • 頭痛
  • 肌荒れ・湿疹・ふけ
  • アトピー性皮膚炎
  • 鼻炎
  • ぜんそく
  • 冷え性
  • 不妊泌尿生殖器系
  • 関節痛・筋肉痛

など

即時型と遅発型の特徴の違い

これらの症状をみれば誰にでもひとつは当てはまるような慢性症状が多く、ほかの病気が原因で起こる症状もあるので「当てはまる私はアレルギーなの?それとも違うの?」と戸惑ってしまうかもしれません。

遅発型フードアレルギーで起こる症状の場合は、理由は分からないのにこの症状が長く続くというのが特徴です。また、即時型は子どもに多いのですが、遅発型は子どもにも大人にも起こります。

また特定の食品を多く食べ続けるほどその食品がアレルゲンになる可能性も高くなる場合があります。好物があったり偏食で同じ物を食べ続けている人は、体調に心当たりがないか思い出してみてください。

遅発型フードアレルギーかどうか知るには

食べてから数日間で反応が起こることもあり、日頃の経験からどの食品がアレルゲンになっているのか判断することは難しいでしょう。また、アレルギーがあっても体調不良の自覚がないという人も少なくありません。

自分に遅発型フードアレルギーがあるかどうか知るためには専用の検査を受けることが必要になります。遅発型の対象になるアレルゲンはたくさんあり、検査では100種類ほどの食品が対象になります。

医療機関で検査を行っているところもあるので問い合わせてみてください。検査料は5万円前後と高くなるようですが、健康のためにとても有意義な検査だと思います。

遅発型フードアレルギーの対処

もしアレルゲンが見つかった場合にはその対象となる食品を避けることで改善できます。遅発型の場合には絶対に食べてはいけないということではなく、一定期間完全に除去することで、その後は少しずつ食べても大丈夫になるようです。

最もアレルゲンになりやすいのは卵、乳製品です。小麦粉、キウイ、バナナ、パイナップルなどもアレルゲンになりやすいとされています。

また、予防としては同じ食べ物ばかり続けることが原因になりやすいので、バランス良いローテーションで色々な種類の食品を食べるようにするのがおすすめです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る