TOP > > 敏感肌やアレルギーは自分で作っている?スキンケアの注意点

敏感肌やアレルギーは自分で作っている?スキンケアの注意点

敏感肌やアレルギー肌の方は、スキンケアの選び方にも気を使います。少しの刺激で肌が荒れたり、酷い時には皮膚科のお世話にならなければならなくなるからです。しかし、敏感肌やアレルギー肌と自覚してるトラブルの中には、外的要因やアレルギーではなく、間違ったスキンケアで自ら起こした肌トラブルの可能性もあります。

正しい肌ケアには角質を剥がさない事が大事。古い角質は悪者扱いばかりされていますが、本当は肌を守る為に大事な役割を果たしている味方だった事を知っていますか?

角質のターンオーバー

肌のターンオーバーとは、肌の表皮が新陳代謝で生まれて、垢となり、剥がれ落ちるサイクルの事をいいます。そのサイクルは28日周期といわれていますが、健康状態やストレス、敏感肌の為に乱れてしまったり、加齢によりターンオーバーのサイクルが長くなってしまいます。

このターンオーバーの乱れや、サイクルが長くなる事によって起こる肌のトラブルは、荒れたりかさついたり、ニキビが出来たりなど様々です。そんなトラブルを改善するために、古い角質を除去しよう、という解釈が広まっています。

古い角質をピーリングなどで除去すれば綺麗な肌が現れ、肌の状態も触り心地も改善し、肌は良くなった様に思います。が、しばらくすると再びトラブルを起こす。時には前よりも酷くなっている。あなたは身に覚えがありますか?

肌が敏感になればなるほど、本来肌にとってよい環境を作ってくれる化粧水やクリームなどへも、肌が過剰に反応し始めます。肌の中に異物が入らないように肌が戦ってしまうのです。そして炎症などの症状が出てしまいトラブルへ。しかしこれはみんな肌を守るための防御反応。肌を酷使しすぎた結果、自らが起こした状態なのです。

古い角質は肌を守る?

角質とは、肌の表面の層に当たる部分の事をいい、角質は角質細胞と細胞間脂質という2つの成分で出来ています。

角質細胞はレンガのような形の連なりで出来ていて、その1つ1つのブロックを接着しているのが細胞間脂質です。この2つの成分は、新陳代謝が正常に働いている場合、約28日周期で役目の終わった古い角質が自然と垢となり、剥がれていきます。

これが何かの原因でターンオーバーが乱れてトラブルが起こり、古い角質が肌に居座り続けると、肌がゴワゴワしたりざらついたりし始め、逆に28日周期を待たずに剥がれ落ちてしまうような未熟な角質であれば、敏感肌やアレルギー肌に似た症状を引き起こしやすくなるのです。

敏感肌やアレルギー肌は、未熟な育ちの悪い角質の為に、角質が剥がれ落ちやすい環境が日常化している、という特徴があります。28日を待たずに角質が剥がれ落ちてしまうような未熟な状態では、その下にある出来上がったばかりの角質も育ちが悪く、肌を守る充分な働きが出来ません。

健康で整った環境にある角質は、きめが細かく肌に必要な水分を逃す事なく保ち続けられる環境を作れます。その環境が肌の奥にあるバリア層に異物が入る事を防ぎ、肌を守ってくれるのです。

肌を綺麗にしたいというその思いから、古い角質を除去して肌の見た目を良くする行為を繰り返していると、充分に育つ余裕の無かった新しい角質を表面に出す事になります。

育ちが不十分な角質は正常な働きが出来ず、再びトラブルを起こします。そしてまたトラブルを改善したい思いからその角質を除去する。この悪循環が敏感な肌を作っているのです。

角質を守るスキンケア

自ら起こした肌トラブルによって敏感になった肌は、健康な状態にする事が出来ます。アレルギー体質は変わらなくても、肌が育つようなスキンケアを心がける事によって、肌トラブルを起こしにくい肌にする事は可能です。

ポイント
古い角質を悪者扱いして除去するスキンケア方法を見直しましょう。角質のターンオーバーを整えるためには、新しい角質を育てるための充分な時間が必要です。古い角質をむやみやたらに除去せず、肌が育つ環境を守ります。
・洗顔のし過ぎに注意しましょう
洗顔は、良く泡だてた泡で優しくなでるように洗います。肌がざらついていても、こすらず短時間で終わらせます。
・保湿のあとは必ず保護しましょう
肌に水分を与えた後、必ず油分で保護をします。油分がトラブルを引き起こすと言って嫌う方が多いです。しかし、保護をせず水分だけを与えた肌は、水分が時間と共に蒸発する時、一緒に角質も剥がれやすくさせます。油分のべたつきが気になる方は、べたつかないタイプのクリームやジェルで必ず保護しましょう。
・長い目で見る
見た目を良くしたい為の即効性のあるスキンケアは、角質の育ちを邪魔してしまう場合があります。肌が育つのに充分な時間をかける事を頭において、角質を除去する成分のスキンケアや、刺激を与える行為(強い力での洗顔や、熱すぎるお湯洗顔や、皮膚への摩擦)を避けましょう。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る