TOP > > カラーリングの恐怖!パラフェニレンジアミンアレルギーで死の恐れも

カラーリングの恐怖!パラフェニレンジアミンアレルギーで死の恐れも

身近な恐怖!ヘアカラーリング剤アレルギーで重症化も

美容室だけでなく、自分の髪を自分で染めることもできるようになった昨今では、ヘアカラーリング剤を使ってオシャレを楽しむ方がとても増えています。ヘアカラーは安価で楽しめるので、小さい子からご高齢の方まで、老若男女問わずに人気がありますね。

ただこのヘアカラー剤、気軽に楽しめるものの、扱いには十分に注意が必要です。一番注意したいのがヘアカラー剤によるアレルギー。特にカラー剤に含まれた「パラフェニレンジアミン」という化学物質のアレルギーが危険です。

アレルギーは一度使って大丈夫でも、体質の変化などで後日使った時に発生することがあります。そのため、カラーリング剤は毎回使う度にアレルギー反応が出ないか、よくチェックしてから使うのが最善です。

恐らくパラフェニレンジアミンによるアレルギーの軽い症状であれば、多くの人が経験していると思います。カラーリング中に頭皮がピリピリ痛んだり、皮膚が一時的に炎症したことはありませんか?それはアレルギーの症状なんです。

皮膚に直接つける薬品なので、健康面においてはよく考えられて作られていますが、やはり化学薬品は刺激が強いです。皮膚の炎症を起こす人は多くいます。

パラフェニレンジアミンは中度のアレルギーでかぶれ、湿疹、酷いじんましん、腫れむくみなどをもたらします。重いアレルギーを持っていると呼吸困難や意識障害、最悪の場合死に至ります。

パラフェニレンジアミンは思わぬところに含まれていたりするので、海外ではうっかり接触してしまい、死んでしまったという事例もあるそうです。

あまり説明書を読まずパパッとやってしまう人が多いですが、ちゃんと説明書を読んで、体調の悪い日にはやらないことをオススメします。特に妊娠時や生理時は体質が変わりやすい時期なので、女性は注意してくださいね。

使用時はしっかりと換気をして、化学薬品の悪い臭いを部屋に充満させないことも大切です。少し使い方を間違えると、カラーリング剤一本で体調を悪くさせかねませんので気をつけてください。

アレルギーで重篤な被害を起こさないために検査しよう

アレルギーは一度なったら基本的にはずっと反応が起こります。また、アレルギーは誰にでもなる可能性があり、いつなるか分かりません。

もし自分がアレルギーになっていて、そこでヘアカラー剤を使ってしまったら、色々な症状に苦しむことになります。そうならないためにも、自分は今アレルギーではないか逐一検査すると良いですよ。

ここでは簡単にできる検査の仕方についてご紹介します。検査はパッチテストと呼び、ほとんどのヘアカラー剤会社はこのやり方を推奨しています。

ー用意するものー
綿棒
ティッシュ
ヘアカラーリング剤
小皿か、それに似た容器

1・薬剤を少量作る

1剤2剤を小皿へ少しだけ取り出し、薬液を作ります。

2・綿棒で薬剤を腕に塗る

薬液を綿棒で少量すくい、腕に塗ります。腕は内側が良いです。ポイントは、コイン大に少しだけ塗ること。余分な量の液剤は要りません。

3・30分乾燥させる

薬液を塗ったら30分くらい乾燥させましょう。乾燥後、まだ液剤が乾いていないければ、余分な液剤をティッシュで拭います。

4・48時間様子を見る

乾燥を確認したら、48時間放置します。塗った場所は洗ったり擦ったりしない方が良いですが、それは無理ですので、半日は放置したりあまり強く洗わないようにすると良いですよ。

5・異常があればアレルギー、なければ大丈夫

放置している間、湿疹や赤みなどが出ればアレルギーということになります。何も変化がなければアレルギーではありません。もし症状が出たらすぐに洗い流して、残念ですがそのヘアカラーを使うのは断念してください。

自然植物系ヘアカラーにも潜むアレルギー

最近は自然植物を染料に使ったヘアカラーがブームで、色々と製品化されています。しかし化学製品じゃないから安心!といった認識は危ういです。

自然植物を染料には使っているものの、よく表示を見ると実は化学薬品が色々と含まれていたということもあります。それに自然植物自体が体質に合わないという人も中にはいます。

ヘアカラーにおいては、化学薬品のカラー剤と比べ、自然植物のカラー剤でアレルギーになったという声はあまり聞きませんが、念のためパッチテストは全ての商品で行った方が良いです。同じ製品でも使う前に1度はテストしましょう。

そして自然植物配合という文字を鵜呑みにせず、使われている成分をしっかりと確認してください。元々体に合わない成分が分かっていれば、その成分が入っているかどうか事前に調べましょう。

アレルギーはいつなるか分かりません。また、頭皮は他の肌と違って敏感で弱い場所になります。酷いアレルギーにはならずとも、炎症を起こしてしまう確率は高いですから、よく注意して使ってくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る