TOP > > 大人の食物アレルギーの原因や症状は?要注意食品と検査方法

大人の食物アレルギーの原因や症状は?要注意食品と検査方法

women with inedible fruit

大人の場合、それまで平気で食べていた食べ物で突然食物アレルギー反応を起こすようになることがあります。

一度アレルギー反応が起こると、以降はその食べ物を口にするたびにアレルギー反応が起こるため、二度と口にすることはできなくなってしまいます。

アレルギー体質ではなかった人にある日突然起こるので、なぜ今頃?信じられない!とビックリしてしまいます。なぜそれまで食べていた食べ物でアレルギーを起こすようになってしまうのでしょうか?

どのような食べ物がアレルギーを起こしやすいのか、またアレルギーを起こしやすい人とはどんな人か?また症状にはどのようなものがあるのか…

食物アレルギーにならないための対策について考えてみましょう。

その日は急にやってくる!大人が突然食べ物アレルギーを起こす理由

大人の食物アレルギーには次の2つの理由があると考えられています。

  • 特定のアレルゲンに繰り返しさらされることで、突然アレルギー反応が起こる
  • 子どもの頃から軽い食物アレルギーを持っていた可能性がある

私達の体に備わる免疫は、体に異物が入ってくると攻撃して病気になるのを防いでいます。その際、免疫がIgE抗体という物質を大量に生産してしまうと、IgE抗体が間違えて自分の体を攻撃するようになります。これがアレルギー反応です。

生まれつきなんらかのアレルゲンに対するIgE抗体が多い人は、そのアレルゲンに触れるとアレルギー反応を起こしますが、アレルギー体質ではない人は同じ物に触れても反応は起こりません。

しかしIgE抗体は、少量のアレルゲンに繰り返し接触することで体内にどんどん蓄積されていくため、もともとアレルギー体質ではなかった人の体にIgE抗体が一定量まで増えてしまうと、アレルギー体質に変わってしまうことがあるのです。

特に異物が侵入しやすい粘膜(鼻・口腔・喉など)でその反応が起こりやすくなっているため、アレルゲンの可能性がある食品を食べ続けると、アレルギー体質ではなかった人もアレルギー反応が起こりやすくなってしまうのです。

また、もともと特定の食品に対してアレルギーを持っていたとしても、アレルギー症状がほとんど出ないために食物アレルギー反応だと気づかないことがあり、知らずに食べ続けて大人になってから突然大きな発作が出る人もいます。

少しなら食べてもアレルギーは起こらない、しかし食べ続けることで誰でもアレルギーを引き起こす可能性があるというわけですね。

大人の食物アレルギーのメカニズムはこういうわけだったのです。

子どもと大人ではこんなところが違う食物アレルギー

ところで食物アレルギーといえば、子どもに多い病気だと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、子どもと大人の食物アレルギーはそれぞれ特徴が異なります。特徴を比較しましたので、次の表をご覧ください。

difference between the adults and children of allergy

このように、大人は一般にアレルゲンとして有名な牛乳や卵で食物アレルギーを起こすのではなく、果物・野菜・甲殻類・ナッツ類…とさまざまな食品でアレルギーを起こしてしまいます。

また子どもの食物アレルギーは、成長と共に免疫力が高まったりアレルゲンに少しずつ慣らしていくことで治ることが多くなっています。大人は、残念ながら一度発症したらアレルゲンを避けるしか対策がありません。

中には一生、食物アレルギーを起こさずに済む人もいれば、何度も重症の食品アレルギ作を引き起こしてしまう人もいます。

誰がいつどの食品を食べて食物アレルギーを引き起こすのか…こればかりは推測することが難しいのですが、少なくとも食品アレルギーが発症するリスクを抑えたり、重症のアレルギー発作を防ぐことは可能です。

どうすれば大人の食品アレルギーを防げるのか、しっかり頭に入れておきましょう。

その症状は食品アレルギーかもしれません!経過に注意

食品アレルギーの出始めは、症状が軽いためにアレルギーが起きていることに気付かないことも少なくありません。

食品アレルギーの軽い症状に多いのは、

  • 口の中や唇の違和感
  • 口のまわりのかゆみ
  • 喉がイガイガする

などです。

omen there is a sense of discomfort in the throat

しばらくすると消えてしまうので気に留めず、忘れてしまうことが多く、数回はその繰り返しとなります。

しかし、アレルギー反応を繰り返したりたまたま体調が悪く免疫力の低下した時に、今までよりも症状の重いアレルギー発作が起こることがあるのです。顔の腫れ、息苦しさ、嘔吐や腹痛が起こり、初めて非常事態が起こっているのだと気付きます。

一般に食品アレルギーには次のような症状がみられます。

場所 症状
皮膚
  • じんましん
  • かゆみ
  • 赤み
  • 湿疹
粘膜
  • まぶたの腫れ
  • 唇の腫れ
  • 口の中・喉のイガイガ感
  • 気道が腫れて狭くなる
呼吸器
  • くしゃみ
  • ゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸音
消化器
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢

中でも呼吸器に症状が出た場合は注意が必要です。アナフィラキシーショックを起こして呼吸困難に陥る恐れがあるため、すぐに病院へ行かなければなりません。

受診のコツとアレルギー検査の内容

アレルギーのような症状が繰り返して起こるようになったら経過に注意して、一度アレルギー専門の医療機関を受診し、アレルギーかどうか確認してもらいましょう。

早めに受診すれば、アナフィラキシーショックのような重篤な発作を防ぐこともできます。

受診の際には、医師に症状が出た時の状況を詳しく説明できると、問診がスムーズに進みます。

  • どんな症状が出たか
  • 何を食べたか(朝・昼・夕食・間食)
  • 食後どれくらい経ってから発症したのか
  • 何をしている時に発症したのか
  • 運動をしなかったか
  • 家族にアレルギーの人はいるか

…などを日頃からメモしておくと、医師に説明する時に非常に役立ちます。

woman writing a note

アレルギー検査では

  • 血中抗原特異的lgE抗体検査
  • 皮膚テスト(プリックテスト)
  • 食物除去試験
  • 食物負荷試験(lgE抗体検査の結果が陽性の場合)

などが行なわれます。主に行なわれるのは、血中抗原特異的lgE抗体検査・皮膚テストで、どの食品に対してIgE抗体が高くなるのかを知ることができます。

こんな人は発症しやすい!食物アレルギーの発症を防ぐには

誰が何を食べて食物アレルギーを起こすのかは、その時が来てみなければ分からないのですが、できれば運まかせにしないで発症を防ぎたいですよね。

食物アレルギーの起こりやすさは、個人によって異なります。次のような人は食品アレルギーを起こしやすいので注意が必要です。

  • 同じ食品を習慣的に食べ続けている人
  • 偏食の多い人
  • 便秘の人
  • ストレスを抱えている人
  • 運動をよくする人

アレルゲンの可能性がある食品を食べ続けるとIgE抗体が増えてしまうことはもうお分かりですよね?特定の好物がある人、偏食の多い人はその可能性が高くなります。

また免疫の約70%は腸内ではたらいているため、便秘で腸内の機能が低下しがちな人は免疫力が低下してアレルギーが起こりやすくなってしまいます。ストレスも免疫力を低下させ、アレルギーの敵となります。

運動とアレルギーは一見関係ないように見えますが、食後に運動することで重症の食品アレルギーが起こりやすくなります。これを「食物依存性運動誘発性アナフィラキシー反応」といいます。

全ての人に起こるわけではありませんが、体内で一定の条件が揃った時に起こりやすくなるので、運動をする人は体調の変化に注意して異変が見られたらすぐ受診してください。

食物アレルギーを予防するには

  • 食事は偏りなく色々な食品を組わせる
  • 腸内環境を改善する
  • ストレスをためない

といった体調管理が必要です。

大人の食物アレルギーが起こりやすい食品

  • キウイ、バナナ、モモ、リンゴ、メロン
  • エビ、カニ
  • 小麦粉
  • そば

これらの食品を極端に食べ過ぎるのは避けましょう。また上記の食品を食べた日に皮膚や粘膜などの症状が見られたら、アレルギーを疑って経過を注意深く観察してくださいね。

原因が分かれば安心です。以降はその食品を食べないようにすれば良いのです。

好物が食べられなくなるのは少し残念ですけどね。

もうコリゴリのアレルギー発作!アナフィラキシーも怖い

二世タレントで知られるお笑い芸人のHさんが、数年前に桃で重い食物アレルギーを経験しており、その時の顔を写真に撮ってメディアに公開しています。

写真を見ると、誰なのか分からないくらい顔中が赤く腫れていました。何回か桃を食べた後にかゆみがあったものの見過ごしていたら、ある日顔がみるみる腫れ息も苦しくなって急いで病院へ連れていてもらったのだそうです。

子どもの頃からパクパク食べてきた大好物の桃も、アレルギー以降は全く食べたいとは思わなくなったとのこと…

よっぽどアレルギーが大変だったのでしょうね。

食物アレルギーにかかる人の数は年々増えており、また食物アレルギーによるアナフィラキシーショックで亡くなってしまう人も後を絶ちません。厚生労働省の報告では、毎年4、5人は亡くなっているのです。(厚生労働省「人口動態統計 死亡数、性・死因(死因基本分類)別」 より)

アレルギー体質ではない大人も食物アレルギーを起こす可能性があることを認識し、正しく対応していただきたいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る