TOP > > 猫が大好きなのに猫アレルギー!一緒に住める対策は?

猫が大好きなのに猫アレルギー!一緒に住める対策は?

アレルギーというのは不思議なものです。対象となるものをどんなに好きでも、体が勝手に拒否してしまう。大好きな存在なのに手も触れられないとなると、一体、何が自分にこんな意地悪をしているのかと考えたくもなりますね。

猫が大好きな人が、初めて猫を飼う機会にめぐまれた途端、くしゃみや鼻水、皮膚の赤みやかゆみに襲われて、「まさか自分がアレルギーだったなんて!」とショックを受けるのは本当に辛いものです。

猫アレルギーの原因となるもの

アレルギーの原因となるのは、猫の毛、フケ、唾液、尿が主です。猫アレルギーを持つ人は、もとからハウスダストやカビ、ダニなど他のアレルギーを持つケースが多く見られます。

猫を飼ったり触ったりする前に、自分が他のアレルギーを持っていないかどうかをチェックしておくことをお勧めします。

アレルゲンには色々なものがありますが、ひとつひとつが独立した症状ではないために、あれもこれも足されて総量として体に影響を及ぼしてしまいます。原因物質はひとつでも少ない方が良いですし、減らせるものは積極的に減らしましょう。

猫のアレルゲン物質の対策

アレルギーを持っていても、猫と一緒に暮らしている人はたくさんいます。どのような対策が有効なのでしょうか。

床はフローリングを選ぶ

床がカーペットだとアレルゲンが奥に潜って溜まりやすくなります。フローリングやビニールカーペットなどだと、拭き取りやすく便利です。掃除機は意外とホコリを巻き上げます。アレルギーのある人は、拭き掃除で汚れを取る方が刺激が少なくて良いとされています。

月に1回程度のシャンプーをする

慣れれば、猫は自宅でシャンプーができます。外出させない猫ならばノミ取り用の強いものでなく、普通の猫用シャンプーで充分です。顔や耳を濡らさないように気をつけて、首の下だけを優しく洗ってあげましょう。人用のシャンプーを使うのは厳禁です。

トイレを掃除する時はマスクと手袋をする

猫砂はそれだけでも細かなホコリをたてやすいものです。一緒にアレルゲンを吸い込んだり皮膚に付着させたりしないように気をつけましょう。もし犬用のペットシートでおしっこの躾ができるようなら、それも尿に触れないで片付けられる良い方法です。

空気清浄機を使う

空気中に巻き上がる軽く小さなアレルゲンは、拭き取り掃除でもなかなか取り去れません。アレルゲン除去に効果のある空気清浄機を使って吸い込む量を減らしましょう。

一緒に寝ない

猫と一緒に寝るのは冬の大きな楽しみです。が、アレルギーを持っているなら、ぐっとこらえて寝室には猫を入れないようにして、猫には別に温かい布団を用意してあげましょう。布団はアレルゲンが増殖しやすい場所でもあります。鼻や喉の不快感やぜんそくを持っている場合には一緒に寝るのは御法度と言えます。

多頭飼いをしない

言うまでもありませんが、たくさんいればそれだけたくさんのアレルゲンに触れてしまう事になります。2匹、3匹と増やすよりも、1匹だけでストレスがないように暮らすほうがお互いの幸せと言えるでしょう。

私はぜんそく持ちですが、主治医から「アレルギーがあるからと好きな相手と暮らさないよりは、コントロールできるならきちんとして、一緒に暮らした方が幸せでしょう」と言われたことがあります。目からウロコが落ちる思いでした。お互いに幸せに暮らせる方法があるのなら積極的に行動するべきだと気付かされたのです。

アレルギーの症状は薬でコントロールできるものも多いので、自宅での対策をきちんとした上で、医療機関にも相談してみることをオススメします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る