TOP > > オシャレもできなくなる辛い金属アレルギーの予防策について

オシャレもできなくなる辛い金属アレルギーの予防策について

アクセサリーといえばほとんどが金属でできていますが、アレルギーがあると好きなものを自由につける楽しみを奪われます。結婚指輪もつけられず辛い思いをしている人も結構多いもの。軽く考えず、日頃から対策を取って辛さを軽くしませんか?

金属アレルギーはなぜ起こる?

昔は平気だったのに年を取ってからアレルギーが出るようになった人もいます。平気だった頃は何の症状もなくても、一度発症すると完治することはほとんどないので一生付き合って行くことになります。一体どうしてアレルギーになってしまうのでしょう。

原因は、汗と菌だと言われています。汗をかいたまま金属に触れると、成分が溶け出し始めます。その時に皮膚にある菌が肌に入ると、異物が入って来たと思って体が菌を攻撃します。この菌は特別なものではなく、普段からいる「常用菌」ですので、完全に消し去ることはできません。

この時の経験がもとで、金属も菌と同じ異物だと体が判断してしまうと、それからずっと、金属の成分が肌に染みた時にアレルギー反応が起きてしまうというわけです。

アレルギーが起こる前あたりのことを覚えているなら、もしかして痒くなったりしていませんでしたか?かゆみが出たせいで肌をひっかいてしまうと、傷ができてそこから成分が入りやすくなってしまいます。何度もそれを繰り返しているうちにアレルギーに繋がってしまうケースが多いのです。

アレルギーになってしまったら

どの金属に反応しているかを病院で確かめ、アレルギー反応を起こしやすい金属は身につけないことが第一です。

汗をかきやすい季節や、かゆみがある場所などに無理してアクセサリーをつけるのはタブーです。悪化するとかゆみだけでなく、しもやけのように皮膚が炎症を起こして硬くなり、割けて血がにじむ時もありますから軽く見てはいけません。

アクセサリーはそんなにつけないのに触るとすぐにかぶれる、という場合は体内の金属量が増えているのかもしれません。そのような場合には、食べ物の成分を見直したり、歯につけている金属が溶け出したりしていないか歯科医でチェックすることも必要です。

もしかぶれやすくなって、歯につけている金属が気になる場合には、日頃から歯磨きをきちんとして口の中を清潔に保ちましょう。そうすることで金属の溶け出しを抑えることができます。

アレルギーは、異物を攻撃する白血球の働きが過剰になって起こります。しばらく触れずにいると白血球が落ち着いてくるので、それまで待ちましょう。落ち着いたらまた触れるようになりますので、しばらくの間の我慢です。

アレルギーを起こしにくい金属を選ぶ

アレルギーが起こりやすいのは合金(合成の金属)です。主にニッケルや亜鉛、コバルト、クロム、銅など様々な種類があります。安いアクセサリーはほとんど合金でできているので注意しましょう。

金属アレルギーでも結婚指輪をつけたい人のために推奨されているのは「サージカルステンレス」や「チタン」です。

サージカルステンレスとは元々手術の際に使う器具用のステンレスで、ニッケルを極力抑えてあります。

チタンは金属ではないのでアレルギーは少ないと言われています。ただし、どちらも価格の安いものは合金が混ざっている可能性が大きいので、購入の際にはよく確かめましょう。

また、ピアスは皮膚に穴を開けて直接金属を差し込むので、アレルギーが起こる確立がとても高いと言われています。体が過敏になるとチタンポストのピアスでもかぶれることがありますから、どうしてもつけたければプラスティック樹脂ポストのものを選ぶと良いでしょう。

例えば同じ14金と書かれたアクセサリーでも、つけて大丈夫なものとかぶれるものとがあったりして、自分に合うものをその場で見分けるのはとても難しいものです。

あれこれ安いものを買って試して失敗するよりは、早めにパッチテストを受けて、つけられる金属を確認することをオススメしますよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る