TOP > > 暑さが厳しい今年は特に注意!寒くなると急増する寒暖差アレルギー

暑さが厳しい今年は特に注意!寒くなると急増する寒暖差アレルギー

貴方はアレルギーを持っていますか?アレルギーと言っても様々であり、「花粉症」「皮膚アレルギー」「食品アレルギー」などが有名ですね。特に花粉症は今では国民病と言っても良いくらいではないでしょうか。

アレルギーの症状もまちまちであり、「鼻水が出る」「鼻が詰まる」「目が痒い」「喉が絞まる」などが多い症状だと考えられます。暑い夏が終わりを告げて涼しい秋がやってくる季節に発症するアレルギー症状が2つあります。

一つは「秋の花粉症」とも言える草が原因の花粉症で、もう一つが急に寒くなることで発症する「寒暖差アレルギー」なのです。

涼しくなると発症する寒暖差アレルギーとは一体なに?

寒暖差アレルギーを知っている人はあまり多くないと思います。もともと人間の身体は急激な気温の変化に対して、柔軟には対応ができない構造になっています。夏から秋にかけての季節は、暑い日は25℃以上もあり寒い日は10℃台に気温が上下します。

これが所謂「寒暖差」と言う現象ですが、この状況に身体がついていけないことがあります。前日は暑くて半そでTシャツなのに翌日はカーディガンが必要になる行為は、自律神経を乱す原因になるのです。

乱れた自律神経により秋バテとも言える様々な症状を抱える原因にもなります。また寒暖差はアレルギー症状の原因にもなることが分かっています。

人間の血管は寒いと収縮し、暑いと拡張します。この働きは自律神経がコントロールしており、寒いときは体温を逃がさないように血管を収縮したり、暑い日は血管を拡張して血流を早めることを行います。

寒暖差アレルギーはこの血管の伸縮作用が乱れることで発症すると考えられており、「鼻水」「鼻づまり」などの症状が出てきます。外出時に暑い室外から急にエアコンの効いた室内に入った場合に、鼻水が出る経験があるでしょう。これが寒暖差による症状なのです。

実は寒暖差アレルギーはアレルギーとしてのアレルゲンがなく、正式にはアレルギーではありません。正式には「血管運動性鼻炎」と呼ばれる病気で、アレルギー物質が見つからない症状を、あえて寒暖差アレルギーと呼んでいるそうです。

花粉症との見分け方を教えて下さい

花粉症は春だけではなく秋にもあります。花粉症の症状の多くは、目の痒みや鼻水、鼻づまりであり、その全てを併発していることも多いようです。寒暖差アレルギーの場合は、目における症状はありません。「目の痒み」「目やに」「涙目」などがある場合は寒暖差アレルギーではありません。

鼻水についても花粉症の場合は黄色い鼻水が出ることが多いと思いますが、寒暖差アレルギーでは透明の鼻水が出ることが多いようです。

寒暖差アレルギーは風邪と勘違いすることもあるようですが、寒暖差アレルギーで熱が出ることはありません。発熱している場合は風邪など別の病気の可能性があります。暖かい環境から寒い環境に移ったことで、発症することが多いので急激な温度差には注意が必要です。

寒暖差アレルギーに予防方法はありますか?

寒暖差アレルギーにはアレルゲンがないので、薬などによる予防法はオススメできません。日常生活を注意することで予防は可能なので、ぜひ実行して下さい。

・人間の身体は温度差7℃以下の環境でしか対応できないと言われており、それを超える温度差では問題が出てしまいます。室外と室内の温度差を7℃以内にしましょう。

・寒暖差を感じたら服装にも注意して、脱いだり重ね着したりと温度差を感じないようにこまめに調節しましょう。

・温度差がある場合は、喉や鼻の粘膜を保護するためにマスクなどを着用して下さい。

・身体を冷やさないように、汗をかいた後には着替えを行って下さい。

・栄養のある食事を心がけて身体を中から温めて下さい。温かい飲み物を積極的に飲むことも有効です。(ジンジャーティーやホットミルクなど)

・シャワーではなく湯船に浸かった入浴を行い、ゆっくりと身体を温めましょう。

涼しくなった秋こそ、身体を温める必要があるのです。特に女性は男性と比較して筋肉量が少ないために、身体を温める発熱量が少ない傾向にあります。女性の方は普段から身体を温めることに気を使ってくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る