TOP > > 季節の変わり目に注意したい寒暖差アレルギーとその対策について

季節の変わり目に注意したい寒暖差アレルギーとその対策について

ここ数年日本の四季も以前とは違い、異常気象が増えているように思います。これも地球温暖化の影響なのでしょうか?

春と秋は過ごしやすく、夏は暑く冬は寒いという基本的な部分は変わっていませんが、春なのに真冬のような寒さの日が続くと思ったら、今度はまだ夏は少し先のはずなのに日中は真夏日になるという日もあります。

春夏秋冬、季節に合わせて衣替えをしますが、ここ最近は一旦しまった冬物を引っ張り出したと思ったら、今度はクーラーをつけないと暑くていられないという異常な温暖差の日もあります。

温暖差が体に与える影響

季節の変わり目は、朝と夜の気温の差が大きくなるという事は今までにもあった事です。しかしそうと分かっていても、急激な温度差は自律神経のバランスを崩し、血管を異常に収縮させるなど体には大きな負担がかかります。

急激な温度差が招く症状として、ヒートショックという冬場に起こりやすい症状があります。これは暖かい室内から空気の冷えたお風呂場に行き体が冷えたところに、温かい湯船に一気に浸かる事で体が温度差の影響をモロに受け血圧が急激に変化する事で心臓に負担をかけてしまい、最悪命を落とすこともある怖い症状です。

最近は季節の変わり目以外にも、大きな寒暖差が起こるようになっています。温度差というのは私たちが思っている以上に体に負担をかけるので、寒暖差が原因で起こるアレルギーも増えています。

寒暖差アレルギーの原因

本来は小春日和のはずの春なのに、真冬日のように気温が低い時はやむを得ず暖房を使います。これは極端に暑い夏や寒い冬にも起こりうるものですが、季節の変わり目は特に自分で体調管理をしにくく、温度差の影響を受けやすいので注意しましょう。

寒暖差アレルギーは誰でもなりうるもので、花粉症やハウスダストのようにアレルゲン物質が無い状態でもアレルギーのような症状を起こすものです。

例えば暖かい室内にいた人が、急に寒い外に出たとき、一瞬にして鼻がつまり息苦しく感じる事がありますね。これは急激に冷えた事で血管が収縮したことで、鼻づまりを起こしてしまうからです。

逆に寒い外から家に帰り暖かい室内に入ると、鼻水が垂れてくることがありますが、これは血管が広がり鼻づまりが解消されたからです。

一見血管だけに影響があるように思えますが、急激な温度差は自律神経にも影響を与えるので、鼻水以外にも咳やくしゃみ、頭痛などの症状が出ます。これが寒暖差アレルギーと呼ばれるものです。

一般的なアレルギーとの違い

寒暖差アレルギーの場合は原因が温度差なので、アレルゲンを摂取した事で起こるアレルギーとは少し違っています。個人差もありますし元々何かのアレルギーを持っている人も、寒暖差アレルギーになる可能性はあります。

見分け方の目安は寒暖差アレルギーで鼻水が出るときは、透明でサラサラしています。血管の収縮が原因なので、涙が出ても目の充血は無いので目の色も見分ける目安になります。

鼻水やくしゃみの他に、全身の倦怠感、イライラしやすい、食欲がない、熟睡できないといった症状が出る事もあります。これらの症状はどちらかというと女性に多いので注意しましょう。寒暖差が原因で起こるアレルギーを、血管動性鼻炎と呼ぶ事もあります。

寒暖差アレルギーにならないための工夫

寒暖差アレルギーの原因が分かっていれば、対策や予防も可能です。寒暖差アレルギーになりやすいのは温度差が7度以上ある場合だと言われています。きっちり7度というように温度を測るのは難しいので、体で覚えておきましょう。

例えば暖かい室内から外に出るときは、一気に出るのではなく一旦部屋の戸を開け温度差に少しずつ慣れるようにします。せっかく温まった室内の温度が下がり暖房効率は落ちますが、少しの間でも戸を開けておけば換気にもなりますし、急激な寒暖差も防げます。

真冬はマスクをするだけでも、鼻や口の周りの保温ができます。マスクは風邪などのウイルス避けにもなるので、外出時にはマスクを付けるのもオススメです。暖かい室内ではできるだけ薄着で過ごし、外出時にはコートだけでなくマフラーや手袋で体の冷えを防ぎましょう。

夏はこの逆で冷やし過ぎに注意します。体の冷えは免疫力の低下につながるので、特に季節の変わり目は免疫力を低下させない事も意識してみましょう。免疫力を高めるには規則正しい生活リズムと、腸内環境を整えることで対処できます。

夏は暑いのでシャワーだけで済ませてしまう事も増えますが、週に3回くらいぬるめのお風呂に入って体を芯まで温めるのも効果的です。冷たい飲み物や体を冷やす食べものは腸を冷やし免疫力を低下させるので、温かい物を食べたり、常温の飲み物を飲むのも効果があるので試してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る