TOP > > くしゃみ・鼻水は「風邪」?!実は「寒暖差アレルギー」なのかも?

くしゃみ・鼻水は「風邪」?!実は「寒暖差アレルギー」なのかも?

気候が変わり始める季節になると、どうも体調が良くない。と感じる人が増えているようです。これは、自律神経の乱れが一つの原因になっているようなのですが、その乱れの原因が気温の高低差にあるということが報告されているのです。

気温の高低差が生むアレルギー

自律神経の乱れとともに報告されているのが、「寒暖差アレルギー」と言われる気温の高低差が原因で起きるアレルギーです。季節の変わり目によく風邪をひくと聞きますよね、でも、それ本当に風邪ですか?

咳・くしゃみ・鼻水 確かに風邪の症状ですが、熱はありますか?「熱は無い」と答える人が多くいると思われるのですが、どうでしょう?もし、花粉症や鼻炎などの病気を持っていなければ、「寒暖差アレルギー」を疑っても可笑しくはない状態です。

というか、疑っていただいた方が良いかもしれません。ほとんどの人は、気温が高低差7度を超えると身体に、変調をきたすようになります。

熱も頭痛も無いのに、鼻水が出る。これは、風邪ではなく、アレルギーだと考えていいと思われます。逆に、気温の変化が刺激となり、鼻の粘膜の血管を広げ、結果鼻が詰まることにもなります。勿論、これも風邪が原因ではありません。

予防と対策

このアレルギーは、女性に多くみられます。男性と違い女性は、筋肉量が少なく、体内で熱を発生させる割合が低くなっていますので、気温の変化に敏感になってしまうのです。大切なポイントは、気温の変化を身体に直接感じさせないという事です。

洋服で調整する事が、何より重要です。何か一枚、羽織る物を常に準備しておくと安心かもしれませんね。実際に症状が出た時に、風邪や花粉症との違いをチェックするために下記の方法を覚えておくといいかもしれません。

ポイントは、3つです。この結果を組み合わせて判断してみてください。目に充血があるか。ある場合は、花粉症の可能性があります。鼻水の色はどうか。黄色ければ風邪の可能性があります。熱はあるか。あれば風邪の可能性があります。

つまり、目に充血はなく、鼻水も透明。この場合は「寒暖差アレルギー」を疑った方がいいと思われます。この「寒暖差アレルギー」、実は医学的にキチンと病名が付いています。「血管運動性鼻炎」なんかよく分からない病名ですが、鼻炎なのですね。

そして「寒暖差アレルギー」は、他にアレルギーの原因が無い、つまり何もアレルゲンが無い場合にのみ診断されるそうなので、杉などのアレルギーを持つ人には、診断されないようです。

気温の高低差が続くときは、是非一枚余計に、羽織る洋服を持参する事をオススメします。おまけですが、皆さんの嫌いなG(コックローチ)にも、アレルギー症状を引き起こすアレルゲンがあるようです。病院で調べる事ができますが、いかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る