TOP > > 息苦しい症状はアレルギーが原因?秋は呼吸器に注意しよう

息苦しい症状はアレルギーが原因?秋は呼吸器に注意しよう

東洋医学(漢方)の世界には「秋は肺に注意」などと言う言葉があります。これは秋になると呼吸器に関する問題が多くなると考えられているからで、また呼吸に大きな負担がかかるのも秋なのです。

暑い夏から涼しい秋に季節は変化するのですが、私達の身体はそう簡単にその変化を受け入れることが出来ません。秋は体感的には涼しくなって楽になるのですが、実際には朝晩の気温差も大きくなり、身体に受けるストレスは増大してしまいます。

また秋独特の理由から呼吸器に負担がかかることもあり、それがアレルギー物質だったのです。

秋に呼吸器が弱まる理由とは

なぜ、過ごしやすい秋に呼吸器に負担がかかってしまうのでしょうか?そこには秋独特の気候が関係していたのです。秋の特徴と言えば涼しくなった気温と乾燥した空気で、特に朝晩の気温差は1年中で最も大きくなります。

朝は冷たい空気を呼吸して、昼は暖かい空気、そして夜は再度冷たい空気を呼吸しなくてはならず、肺には大きな負担がかかってしまいます。また空気も乾燥しており、ますます負担は増えてしまう要因になります。

そして重要なのは、暑い夏を耐え抜いて来た肺は疲労しており、急激な気候の変化についていけないことも要因となっています。呼吸器が弱まることは免疫力の低下にも繋がることから、冬を迎える上で秋に呼吸器を弱らせないことが重要なポイントなのですね。

秋に呼吸器を弱めると冬場に風邪を引きやすい

呼吸器は免疫と密接な関係があり、弱まった肺では免疫力も低下してしまいます。免疫力が低い状態で寒い冬を迎えると、風邪やインフルエンザ感染などの感染症にかかりやすくなり、また発症した病気もなかなか治り辛い状態になってしまいます。

また呼吸器は皮膚と密接な関係があることは知られており、寒くなって毛穴が閉まり皮膚呼吸が少なくなると、肺に負担が増えるとも言われています。アトピーなどの慢性的な皮膚炎を持っている人には、肺の病気である喘息を併発していることも多く、皮膚の刺激によって呼吸器に負担がかかることもあるのです。

秋のアレルギーによる呼吸器疾患が増加中

そしてもう1つ重要な要因があります。それが秋にも多く見られるアレルギー症状なのです。アレルギーと言えば花粉症が有名で、春のイメージがあると思います。しかし、秋にも多くのアレルギー物質が飛散しており、呼吸器を弱らせる原因になっています。

代表的なのがイネ科の植物であり、草むらなどで多く見かけます。またヨモギやキク科の植物も秋のアレルギー物質として有名です。室内にて繁殖しているカビも、アレルギー要因として有名です。

一般的には初夏の梅雨のシーズンがカビの季節と考えられていますが、実は9月~10月も多いことが指摘されています。特に高気密住宅が普及した現代では、1年中カビの発生が見られることから、アレルギー要因として注意する必要があります。

ダニも秋のアレルギー要因として外せない存在です。ダニの生息サイクルは約3ヶ月と言われており、梅雨時期の6月~7月に生まれたダニが死滅するのが秋になります。ダニの死骸は乾燥して空気中を飛散することになり、呼吸によってアレルギーを引き起こすのです。このように秋は呼吸器を弱らせる要因が満載だったのですね。

肺を弱らせないための対策

秋に肺を弱らせないためには、まずアレルギー物質に近寄らないことが重要です。雑草が生い茂る草地などは、なるべく避けた方が良いかも知れません。また自宅の清掃は徹底して行う事も重要で、空気清浄機を併用することもオススメな方法です。

布団やベッドにはダニの死骸が多く付着していることが考えられますので、可能であれば秋口に布団クリーニングを利用するのも良い方法です。さらに呼吸器を弱まらせる要因に乾燥があります。

1日の気温差がある秋は、思った以上に乾燥に注意する必要があります。定期的に水分を補給して喉粘膜を潤すことや、湿度が低い日には加湿器を使用して、湿度をコントロールして下さい。

最後になりますが、食生活も重要な要素になることを覚えておいて下さい。暑い夏場は食欲もなく、ソーメンや冷やし中華などをつい食べてしまいます。しかし、栄養面ではビタミンやミネラルが不足しがちであり、決して良い状況ではありません。

秋はビタミンやポリフェノールなどを十分に摂取して、体調を整えるように心掛けて下さい。秋に息苦しい症状が出たら、その原因はアレルギーかも知れません。アレルギー物質を排除して免疫機能の低下を防ぐことを心掛けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る