TOP > > その疲労感、「グルテン過敏症」かも?自己診断でまずはチェック

その疲労感、「グルテン過敏症」かも?自己診断でまずはチェック

疲れやすくなった、頭痛や偏頭痛に悩まされている、集中力が欠ける・・・それらの症状は、パンなどに含まれる「グルテン」が原因かもしれません。グルテン過敏症の人は体内にグルテンが入ると身体がアレルギー反応を起こし、体調不良を起こす事があります。

原因不明の体調不良、原因はパスタやパンだった!?

グルテンとは、小麦・ライ麦・大麦などに含まれるタンパク質の成分のこと。このグルテンが含まれているお蔭でパンなどの生地にこねたり、のばしたり出来る弾力が生まれます。

グルテンを含む主な食品は<パン・パスタ・シリアル・うどん・ラーメン・ピザ生地・クッキー・ケーキのスポンジ・フライの衣>等があります。

フードアレルギーの一種であるグルテン過敏症の症状を持つ人がグルテンを摂取すると、<倦怠感・頭痛・偏頭痛・集中力の欠如・うつ・関節痛・関節炎・湿疹>等の症状を引き起こす事があります。特に食後に症状が現れやすく、時間経過とともに症状は収まる傾向にあります。

グルテン過敏症は検査によって確認する事が難しく、病院で診断を受けて発見される事は稀です。一般的にグルテン過敏症かどうかを判断するためには一定期間グルテンの摂取をやめて様子を見、体調が改善されるかどうかを確認する必要があります。

「グルテン依存」になっていない?グルテン過敏症を簡易チェック

日頃からグルテンが含まれる食品を良く食べている方はグルテン依存とも呼ばれ、一種の中毒状態になっている可能性があります。お米よりパン、麺類が好き、ケーキやお菓子に目がない、粉ものが好物といった方はグルテン過敏症になるリスクが高いと言えます。

上記に加え、<便秘や下痢の症状がある・食後に集中力がなくなり、疲労感がある・めまい、ホルモンバランスの異常がある・関節が痛む、腫れる・頭痛、偏頭痛がある・不安、うつの症状に悩まされている>等の自覚症状が1つでもあれば要注意。グルテン過敏症である可能性が大です。

まずは気軽に「グルテンフリー」!食事で消化酵素を摂るススメ

グルテン過敏症が疑われたら、まずはしばらくの間完全にグルテンを摂らない食事をしてみましょう。大体1~2週間はグルテンフリーを試して、その後またグルテンを含む食品を食べて体調に変化があるか確かめます。グルテンを摂って体調に不調が生じたら、ほぼグルテン過敏症で間違いありません。

グルテンを完全に摂らない事が難しい方は、<消化酵素>を多く含む食品を摂るようにしてみましょう。体内でグルテンが分解されやすくなるため、症状が緩和されやすくなります。消化酵素は主に生野菜などの非加熱食品や醗酵食品に多く含まれています。

パンを食べるなら野菜がたくさん入ったサンドイッチ、パスタなども一品だけで済ませずにサイドメニューでサラダをつけるなどの工夫をすると良いでしょう。グルテンフリーの食品・お菓子も一部のメーカーからは販売されています。グルテンと上手につきあって生活する事を心がけてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る