TOP > > アレルギー悪化の原因は植物性油にも!悪化させない摂り方とは

アレルギー悪化の原因は植物性油にも!悪化させない摂り方とは

アレルギー。青魚を食べてブツブツだらけになっちゃった、という笑い話レベルから、アナフィラキシーショックで死に至る深刻なものまで、大変な種類があります。

アレルギーと総称される、身体の防衛反応が過剰に働いてしまった結果の病気ですが、実はまだ過剰に働く原因が特定されていません。

でも、アレルギーには段階があり、それぞれの段階で発生や増悪の原因を排除することで、症状を軽くすることはできるのです。その増悪の原因になるもののひとつに、植物性油が挙げられています。

アレルギーの防ぎ方

アレルギーは先に言った通り、抗原抗体反応(免疫反応)が過剰に働いた結果起こるものですから、抗原(アレルギーの原因になるもの:アレルゲン)を排除すれば発生しません。

例えば花粉症の人がその季節にはマスクをつけるというのは、この「抗原を排除する」というアレルギー予防の方法の一つですね。

アレルギーには種類があります

アレルギーと一口に言いますが、それに関わる身体の機能によって大きく5つに分類されています。

その中でも、私たちが普段アレルギーとして認識しているのは1型と4型で、その他のものについてはアレルギーそのものよりも、その原因になったウイルスなどの方が問題視されるので、あまりアレルギーとしては認識されていません。

1型は私たちにとって一番分かりやすいアレルギーです。アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギーなどがこれに含まれます。4型は何かに触れることで起こることが多いもので、漆にかぶれたとか金属アレルギーなどがこれに当たります。

変わったところではツベルクリン反応はこれを利用した検査なんですね。その他のものについては症例の名前だけ。2型はB,C型肝炎など、3型は関節リウマチなど、5型はバセドウ病など。いずれもアレルギー性疾患というイメージのないものばかりです。

アレルギーには段階があります

ここからは主に1型についてお話ししますが、4型についても共通要素があるので1型を代表とできるでしょう。アレルギーはまず、身体が原因物質(アレルゲン)にさらされることで始まります。花粉を吸いこむとかお蕎麦を食べるとかですね。

次に、アレルゲンを危険な侵入者だと誤解した身体が防衛反応を始めます。抗体が活性化され、それが白血球や肥満細胞に結合します。

そこに入ってきたアレルゲンが結合すると、白血球や肥満細胞は生理活性物質を放出、その物質が身体にとって不快な症状を起こす原因になってしまうというわけです。

ちょっと横道にそれますが、肥満細胞という言葉は、肉体的な肥満とは何の関係もありません。顕微鏡で見た細胞の見た目が肥満体っぽく見えるので、そう呼ばれているだけです。

生理活性物質

アレルゲンや病原菌などが抗体とともに白血球や肥満細胞に結合すると、ヒスタミンなどの生理活性物質が放出されます。

虫刺されの薬などに抗ヒスタミン剤というのがあるのは、この段階でヒスタミンという生理活性物質の働きを抑えることで、炎症を鎮めようとしているわけですね。

ヒスタミンが放出されると炎症反応が起こりますが、それに連動して細胞膜からアラキドン酸という脂肪酸が遊離します。アラキドン酸は酵素の働きで、さらに十種類以上の生理活性物質を生み出すのです。

アラキドン酸

あまり耳なじみのない物質ですが、実は植物性油に豊富に含まれる必須脂肪酸のリノール酸から、身体の中で合成されて蓄えられることが多い脂肪酸です。

最近では脳の老化を予防する効果をうたった健康食品に含まれていたり、逆に発癌のメカニズムに深くかかわるとして嫌われたりしているようで、正義の味方なのか悪の手先なのか、まだ立ち位置がはっきりしないようです。

少ないと善玉、多いと悪玉

アラキドン酸から生み出されるさまざまな生理活性物質、さまざまなプロスタグランジン類や各種ロイコトリエン類などには、やはりさまざまな働きがあります。

炎症を起こしたり、発熱させたり、気管支を収縮させたりという具合の悪い働きがあるかと思えば、別の物質はそれを抑制する働きを持っていたりもします。

しかし、いろんな研究から、どうやらアラキドン酸や原料になるリノール酸の量が適正であれば、最悪でもバランスが取れた状態であり、うまくすると身体にとって好ましい状態を維持してくれると分かってきました。

一方、それらが過剰に存在すると、具合の悪い働きをする生理活性物質の方がどんどん増えてしまい、アレルギー反応が起こった時に症状をうんと悪くする懸念が生じてきたようです。

リノール酸は人間に作れない物質

アラキドン酸の原料になるリノール酸は、人間の身体の中で合成することができません。ですから必ず食べ物から摂る必要があるので、必須脂肪酸として分類されています。

20~30年前までは、リノール酸というと健康に良い植物性油の代名詞でした。しかし、このような事情で摂り過ぎは良くないという事が分かってきたので、最近ではちょっと敬遠され気味です。

どの油をどう摂ればいい?

でも、スーパーに買い物に行っても、食用油に脂肪酸組成の表は載っていませんよね。第一、キャノーラ油とかオリーブオイルとか書いてあるのはいいとして、サラダ油とかてんぷら油はどうなのかという話になります。

まずは代表的な油から、脂肪酸総量に占めるリノール酸の大まかな割合を見てみましょう。

  • 紅花油(ハイリノールタイプ):約76%
  • ひまわり油(ハイリノールタイプ):約61%
  • 綿実油:約58%
  • 調合油(てんぷら油 / 白絞油):約56%
  • コーン油:約55%
  • 大豆油:約54%
  • ごま油:約44%
  • 調合油(サラダ油):約42%
  • こめ油:約35%
  • ピーナッツ油:約31%
  • ひまわり油(バランスタイプ):約30%
  • なたね油 / キャノーラ油:約19%
  • 紅花油(ハイオレックタイプ):約14%
  • パーム油:約10%
  • ひまわり油(ハイオレックタイプ):約7%
  • オリーブオイル:約7%
  • つばき油:約6%

もちろんメーカーや製品ごとのばらつきはありますので、大まかな目安として見て下さい。

日本人はリノール酸を摂り過ぎ

おそらくなら、動物性脂の弊害と植物性油の効果を過剰に宣伝した昭和時代のイメージのせいで、とりあえず植物性油であれば良いという考え方が、日本人のリノール酸過剰摂取問題を引き起こしたのでしょう。

もちろん、その時代にはまだアレルギーやほかの疾患に関して、リノール酸が悪影響を及ぼす可能性の研究が不十分だったこともあるでしょうね。

さて、アレルギー性疾患の炎症に対して特に悪さをする可能性があるリノール酸は、一方で必ず摂取しなくてはいけない必須脂肪酸でもあります。それをバランス良く食べるにはどうしたら良いでしょう。

外食・中食はリノール酸過多

一部に例外はありますが、外食で使われている油脂類は、リノール酸の多いサラダ油や白絞油、大豆油、綿実油が中心です。スーパーのお総菜コーナーや、コンビニのカウンターフードで求められる揚げ物類も、似たような状況でしょう。

現在、例えば揚げ油にオリーブオイルやキャノーラ油、ハイオレックタイプの植物油を使っているお店は、ほぼそのことを明示しています。よそのお店と差別化できるからですね。

一方、お肉屋さんのコロッケなどラードやヘットで揚げたものは、ことリノール酸に関して言えば、とても少ないので気にしなくていいです。

また、パームやココナッツなどのヤシ油系でも同じことが言えます。ただ、ラードやヤシ油は飽和脂肪酸が大変多いので別の問題が生じますから、そちらは別に考えて下さい。

と言う事で、一般的な外食・中食では知らずにリノール酸を摂っていることが普通なので、ご家庭では、リノール酸をできるだけ抑えた油の組み合わせで使いましょう

日常生活には価格も大事

先に挙げた油のリストで、だいたいリノール酸が30%未満のものを選ぶのが得策だと言えるでしょう。本当はオリーブオイルを強くお勧めしたいところですが、お値段の問題もありますから、ちょっと悩むところではあります。

キャノーラ油であればスーパーの安売りもよくあるようですから、それを中心にお使いいただくのが良いでしょうか。非加熱で食べるサラダドレッシング用には、オリーブオイルが良いと思います。

また、香り付けに重要な役目を果たすごま油ですが、生食の場合もともと使用量が少ないのでそれほど問題にはならないといえます。また、中華料理にはごま油ではなく本来ピーナッツ油の方が向いています。

少しリノール酸が多めですが、誤差の範囲という事にしておきましょう。さらに、てんぷら油にごま油を添加して風味を上げる地方もあるようですが、台湾の野茶油がお勧めですね。

ごま油と同じような風味で、リノール酸の含有率は10%内外だと推定されています。このように、リノール酸の摂取を減らすことで、アレルギー反応が起こっても症状として現れる現象を軽くすることは可能とされているので、ぜひ食生活を見直してみて下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る