TOP > > 食物アレルギーが喘息患者の共通点?

食物アレルギーが喘息患者の共通点?

周囲に食物アレルギーの子供はいますか?

今まで喘息を持っている子供が食物アレルギーも持っているということが示唆されてきていました。しかし逆に食物アレルギーを持っている子供が喘息を起こしやすいかどうかなどの調査は無かったそうです。

今回、食物アレルギーを持っている子供が喘息を起こしやすい、または既に喘息を病気として持っているかどうか調べられました。その結果、食物アレルギーを持っている子供は喘息の有病率が高かったとのことです。

食物アレルギーだけでもとても大変な状況ですよね

食物アレルギーがあるだけでも大変なのに、その上、喘息まで発病しやすいとなれば本当に心配になりますね。

アレルギーを起こす食物にもよりますが、滅多に食べないような食物ならともかく、子供が大好きなものであったり、また栄養面から考えても必須として摂りたいものが食べられないということほどかわいそうなことはありません。

また、食物アレルギーのある子供は喘息だけでなく、呼吸機能も低下していることが分かりました。そのため入院をしたり、服薬をしている子供が多いのも特徴であるそうです。

喘息を抑制することは可能なのでしょうか?

喘息もやはりアレルギー疾患の1つです。少し昔まではそのような考え方はありませんでした。しかしアレルギーに過敏に反応するIgE抗体という抗体が活発になることによって引き起こされることも分かってきています。喘息は喉の気管が狭くなってくる病気です。

一旦狭くなるともとに戻ることは難しいですが、お薬でこの気管を拡げることができたり、また先ほどのIgE抗体を抑制するお薬もあります。どうしても炎症を起こす病気なので、抗炎症という意味でステロイドが使われる場合もあります。また発作をよく起こす場合には発作を抑制するお薬もあります。

また、アレルギーの元になるアレルゲンを知ることです。これはお医者さんで調べてもらうことは可能です。IgE抗体検査をすることでアレルゲンを調べることが可能なのだそうです。

何に対してアレルギーを持っているのかを知ることが喘息を抑制させることにも繋がりますし、食物アレルギーも関連している患者さんの場合は、食物アレルギーに対しても有効な手段となりますね。最近では良いお薬がどんどん治験もされているそうですから、発作を怖がって諦めることは早いですよ。

一般的にアレルゲンとなるものって何なのでしょうか?

喘息のアレルゲンはダニ、スギ花粉、カビなどもありますが、なんといってもハウスダストと総称されているものも大敵です。ハウスダストにはダニやダニの死骸や糞なども混じっています。

それによく古い本などの間に小さい小さい薄い茶色の虫を見つけたことはありませんか?これは茶立虫(ちゃたてむし)と言われるそうですが、実はこれが昆虫アレルギーで一番多い虫なのだそうです。カビを食べて生息しているそうですから、十分なお掃除と、古い本等は捨てるか防虫剤などと一緒に保管するのがよいでしょう。

あとはゴキブリです。家の中でゴキブリを見つけたら即、ゴキブリ退治をしましょう。家をしばらく空けないとだめですが、水を入れて煙が出るタイプのゴキブリ退治の殺虫剤が売っていますが、それを1度してから、1ヶ月半~2ヶ月までに再度することです。

そうすると1度目で成虫が死にますが、2度目では成虫が産んだ卵から孵化した幼虫まで退治できるので、全滅させることができます。

他のアレルゲンは犬や猫、ハムスターなどのペットです。意外にアレルギー体質なんだけど・・・という方に限って結構、ペットを飼っていらっしゃるご家庭も多いらしいです。

確かに子供に命の大切さを教えるためにもペットを飼うことはいいのかもしれませんが、ペットはどのようなペットでもアレルギーの原因になることは覚えておきましょう。

またペットなどの動物はヒトが持っていない寄生虫やバイ菌を持っているのです。それが原因で他の病気になることもしばしばあります。喘息と食物アレルギーまであるのに、その上、他の病気まで発症させてしまうことはできません。

そのような二次的な病気発症を防ぐためにも、喘息の大敵となるアレルゲンはできるだけ家庭内から除去することをこころがけましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る