TOP > > ダニのハウスダストアレルギーに注意して!夏より秋が危険な理由

ダニのハウスダストアレルギーに注意して!夏より秋が危険な理由

日本の夏と言えば「蒸し暑い」「湿度が高い」が特徴ですが、この環境で家の中で大いに繁殖する生物を知っていますか?答えは「ダニ」です。ダニは家中に生息しており、布団や座布団はもとよりカーペットやカーテンにまで生息しているのです。

ダニは高温多湿を好み、布団の中などで繁殖を繰り返します。暑い季節こそが一番ダニが繁殖するシーズンであり、その結果その被害が現れるのが秋になってしまうのです。

ダニのアレルギーの怖さを知りましょう

日本のアレルギー疾患で悩んでいる人の大部分が、「ダニアレルギー」を持っています。ダニアレルギーで有名な症状として上げられるのが「気管支喘息」であり、その原因はダニの死骸や糞などのアレルギー原因物質(アレルゲン)を吸い込むことにより発症します。

この喘息は子供に多く発症することが知られており、「小児喘息」の一部分の原因はダニアレルギーとも考えられています。また、ダニのアレルギーは「皮膚炎」を引き起こすことも知られており、「アトピー性皮膚炎」の原因にもなるようです。

アレルギー体質を持っている人がダニと接触することで、慢性的なアトピー型の皮膚炎を発症してしまうことも多いのです。このようなダニの被害ですが、実は繁殖が多い夏よりも秋に多くなる傾向が見られるのはなぜでしょう?

秋に多くダニアレルギーが見られるのはなぜ?

夏に多く繁殖するダニですが、生きていてるダニは接触しないかぎり直接的なアレルゲンとはなりません。ダニの寿命は約2ヶ月であり、7月~8月に生まれたダニは9月~10月に死滅します。つまり秋に多くのダニの死骸が発生するのです。

夏に多く生まれたダニは沢山の死骸となって、埃や塵と共に室内を浮遊することでアレルゲンとなるのです。また死骸以外にも大量のダニの糞もハウスダストとして空気中を漂うことになり、これらの物質もダニアレルギーの原因物質と考えられます。

つまり、ダニは生きている間はアレルゲンとしては大きな問題にはなりませんが、死骸や抜け殻(脱皮)、糞が粉砕された状況で浮遊することでアレルギーを引き起こすのです。

ダニの大きさは30~50ミクロン程度ですが、ダニの死骸や糞などの大きさはその1割程度であり、ハウスダストと共に長時間室内を漂うことになります。これを呼吸で吸い込むことが秋のダニアレルギーのメカニズムだったのです。

秋のダニアレルギーを予防する方法を教えて下さい

ダニアレルギーで最も重要なのは、アレルゲンを発生させないことです。徹底して対処することで被害を軽減させることは可能です。ぜひ行って下さい。

・秋口になったら徹底的な清掃を実施しましょう。洗えるものは全て洗うことが重要です。布団、カーテンはもとよりカーペットなどもクリーニングが必要です。

・畳のくぼみなどもこまめに掃除機をかけて下さい。掃除機は紙パック式よりもサイクロン式の埃の出ないタイプを選びましょう。

・洗えない布団やソファーなど布製品は掃除機でゆっくりとダニを吸い取りましょう。叩いたりするのは厳禁なので、吸引力の強い掃除機でゆっくりと吸い取る方法で行って下さい。

・エアコンのフィルターなど電化製品にも気を配る必要があります。

・アレルギー物質除去機能を持つ空気清浄機を利用しましょう。

・畳の上にカーペットを敷く行為はダニの繁殖を促進させる行為です。模様替えやリフォームで改善しましょう。

秋の花粉症と見分けが付かない場合に注意して

秋には「秋の花粉症」と呼ばれている、ブタクサやイネ科植物によるアレルギー疾患があります。これらの症状も「鼻水」「クシャミ」「喘息」などであり、ダニアレルギーと見分けが付かないことがあるようです。

外出時にアレルギーの症状が出る場合は、花粉症の可能性もありますので注意して症状を確認して下さい。また、「ダニアレルギー」と「秋の花粉症」の両方を合わせて発症するケースもありますので、片方の対処を行っても改善されない場合では、もう一方を疑うことも重要ではないでしょうか?

ダニは生きている時よりも死滅してからが問題となる厄介な生物です。ダニを家中から撲滅させることは不可能であり、ある一定において共存しなくてはなりません。よく生態を理解して効果的な対策や清掃を行いたいですね。アレルギー体質の貴方は秋に最も注意が必要なのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る