TOP > > 秋にも花粉症?秋の花粉症には春とは違う対策が必要になります

秋にも花粉症?秋の花粉症には春とは違う対策が必要になります

F

花粉症は春だけのものではありません。夏が終わり肌寒くなる頃、くしゃみや鼻水が出始めるその症状は季節の変わり目の風邪だと思っていませんか?もしかすると秋の花粉症かもしれません。

秋の花粉症対策は、春とは気をつけるべきポイントもケア方法も異なります。過ごしやすい秋の季節を快適に過ごせるように、秋には秋の花粉症対策をしていきましょう。

秋の花粉症とは?

秋の花粉症の症状も、春の花粉症と同じで、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水。ひどい時には頭痛や皮膚の湿疹となって現れます。原因は花粉を飛ばす植物のブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの雑草系の植物が多いのも特徴です。

8月の中頃あたりから10月にかけて飛散しています。秋の花粉症を起こす植物は、背丈が低いものが多いので、春の花粉のように飛散範囲は広くありません。飛散する時期に草むらなどに近づかないように配慮することで、花粉症状を軽くする事も可能です。

過ごしやすい秋の時期は、アウトドアなどの行楽も楽しみたくなりますね。草むらや山の草花に近づく時は、事前に予防できる服装やマスクなどを持参しましょう。

アレルギー症状は花粉以外にも

秋のアレルギー症状には、花粉を飛ばす植物以外にダニの死骸も原因となります。ダニは湿気の多い梅雨の時期から増殖し、秋になるとそのダニが寿命を迎え死骸があちこちに残ります。

死骸は粉々になり、目には見えない細かさとなり空気中に飛散します。ホコリと混じったダニの死骸が、アレルギー症状を起こす事があるのです。春の花粉とは別物と考えて予防していくことが大切になります。

秋のアレルギーは呼吸器に注意

秋の乾燥した空気中に、アレルギーの元となる砕けて粉となったダニの死骸が舞っています。呼吸器から体内に取り込みやすいので、呼吸器系疾患のある方は特に注意が必要です。部屋の掃除をこまめにして換気を心がけましょう。

秋は衣替えの時期でもあります。押し入れやクローゼットの見えない所にダニの死骸が残っています。衣替えで衣類を動かしている時に、空気中にホコリや粉々になった死骸が舞い、アレルギー症状を起こす場合があるので気をつけましょう。空気清浄機を利用して、室内の換気と一緒にフル活動させましょう。

人の出入りの激しい場所や、風の通る場所などに意識的に設置するのが効果的です。予算に余裕がある場合は、寝室にも一台設置するとよいでしょう。日中で動き回った室内の空気が、寝静まる深夜、ホコリが下へと降りてきます。そのホコリを吸い込むことによりアレルギーが出やすいのです。

鼻うがいにチャレンジしてみよう

部屋の掃除や換気、草むらに近づかないなどの予防をしながらも、ここではお勧めの花粉症対策をご紹介します。

鼻うがいの方法

鼻うがいとは、鼻の洗浄のことです。市販の鼻うがい薬を使うか、生理食塩水を使用してホコリやウィルス、花粉などの汚れを掃除します。鼻の奥や、繋がっている喉の境界付近まで洗うことができるのでお勧めです。

1.洗面器に2リットルほどのぬるま湯を入れます。(25~30℃程度)
2.大さじ1杯の食塩を入れます。
3.片方の鼻の穴を押さえて、もう片方の鼻の穴から食塩水を吸い込みます。
4.飲み込まないように、息を止めます。
5.吸い込んだ食塩水を鼻から出します。
6.もう片方も同様に行います。
7.3回ほど行ってから、しっかりと鼻の中の食塩水を出し切ってから鼻を噛みましょう。

注意点

・どうしても痛みを感じる場合は無理をしないようにしましょう。
・真水での鼻うがいはやめましょう。体液と同じ浸透圧にしたぬるま湯の食塩水にする事により、真水を吸ってしまった時に起こるツーンとした痛みのある刺激を防ぎます。
・蓄膿症や、慢性鼻炎、インフルエンザなどの症状がある場合は医師に相談しましょう。

いかがでしたか?最後にポイントをまとめます。秋の花粉症、アレルギー対策をしっかり行って、気持ちのいい気候の秋を楽しんでくださいね!

・雑草系の花粉が飛ぶ秋は、極力草むらに近づかず、アウトドア行楽時は万全の対策を。
・秋の花粉症やアレルギーは、ダニの死骸にも影響を受けます。
・呼吸器トラブルに気をつけるため、換気、掃除はマメに。空気清浄機も利用しましょう。
・衣替え時はマスクなど完全防備を!
・鼻うがいで鼻の奥まですっきり洗浄にチャレンジ!
キャラクター紹介
ページ上部に戻る