TOP > アルコール性肝炎

お酒好きな人は特に要注意!アルコール性肝炎とは

お酒は私たちの暮らしをちょっぴり豊かにしてくれる飲み物です。その意味では、お酒は「魔法の水」とも言えるのかもしれません。ただ、お酒が過ぎると重篤な疾患を招きかねないことも、すでにご存知のとおりかと思います。

その代表ともなるのがアルコール性肝疾患です。アルコールと深い関係がある臓器はいろいろありますが、肝臓はアルコールと最も密接な関係がある臓器です。

お酒の魔法は、肝臓を脅かす魔力ともなりえるのです。

肝臓の役割をまずは知ろう!肝臓とアルコールの関係

お酒が好きな人にとって、アルコールが及ぼす肝臓への影響に関する知識を持つことは非常に重要です。というのも、お酒が好きな人にとってはアルコール摂取量をコントロールすることが簡単ではないからです。

アルコールが与える肝臓への影響を深く理解し、アルコール性肝疾患についての知識を得ることが、アルコール摂取の抑止力となり得ます。そういう意味で、アルコールと肝臓の関係を知ることはとても重要なことなのです。

まずは肝臓という臓器の大きさに注目しましょう。肝臓は私たちヒトの臓器の中では最大の臓器です。重量も成人で1.2kg程度の重さがあるといわれています。これが身体の中に入っていると考えると、なかなかの重量感です。

大きく、しかも重いということは、肝臓がそれだけたくさんの役割を担う臓器であるということの表れでもあります。

肝臓の最も重要な役割とは?

肝臓の働きはいろいろありますが、中でも最も重要な役割は代謝と解毒です。代謝は、肝臓に運ばれてきた物質を別の物質に変換する工程です。この代謝の工程が、肝臓で解毒を行う上で重要な意味を持ちます。

解毒は、血管内を通って全身を巡ることによって有害となる物質を、水に溶けやすい物質に変え、体外に排出する工程です。水に溶けやすくすることによって、尿をはじめとする老廃物として対外に排出しやすくなるという利点が生まれます。

飲酒における有害物質の主なものは、アルコールが分解されて生成される、セトアルデヒドという物質です。肝臓ではアセトアルデヒドが無毒な酢酸に代謝され、体外に排出することで解毒されます。

また、血液によって肝臓に運ばれてくる栄養素のうち、必要となる栄養素は必要とされるタイミングまで貯蔵されます。この「貯蔵」も肝臓の重要な役割のひとつになります。

そしてもうひとつ、胆汁を生成し、分泌するのも肝臓の重要な役割のひとつです。胆汁に含まれる胆汁酸という物質は消化液のひとつで、コレステロールを消化・消費する役割があります。

肝臓の構造と機能

なお、代謝は上の図の「合成」、「分解」という化学変化を利用して行われますので、図の「合成」、「分解」の部分が上記の説明の「代謝」に置き換えられるイメージになります。

なぜ肝臓がアルコールによって毒されるのか

上記で説明したとおり、本来身体にとって有害であるはずのアルコール(アセトアルデヒド)が肝臓で代謝・解毒されます。ですから私たちは大好きなお酒を飲んでも肝臓のおかげで事なきを得ます。

であれば、お酒をいくら飲んだって、アルコールによって肝臓およびその他の臓器が毒されることなんでないんじゃないの?と思うかもしれませんね。しかし残念ながら、アルコールと肝臓の関係はそれほど単純な話では説明できません。

というのも、私たちは生身の人間だからです。つまり、肝臓だって生身の臓器であって、機械ではないからです。休みなく働けば私たちの身体は疲弊します。肝臓だって、休みなく代謝と解毒を行うと、疲弊してしまうのです。

私たちは人間は疲弊すると仕事の効率が下がります。私たちの仕事の効率が下がったところで、会社が損をするくらいで直接私たちにダメージが及ぶわけではないかもしれません。しかし肝臓の場合はそうもいきません。

肝臓も疲弊すると仕事の効率が下がります。つまり、私たちが健康に生活するために必要な代謝と解毒という重要な仕事を十分にこなすことができなくなってしまうのです。これが「肝機能の低下」と表現される状況です。

本来必要な代謝や解毒が十分に行われないと、まずは肝臓自体がアセトアルデヒドに毒されてしまうことになります。やがて「アルコール性肝疾患」と呼ばれる状況に至ります。これを発端としていろいろな悪循環が生じることになります。

アルコール性肝疾患になるとなにがマズイの?

前の日に「ちょっと飲みすぎちゃったなぁ・・・」ということがあったとしても、翌日にお酒を控えればアルコール性肝疾患の状態に陥ることはほぼありません。お酒を控えるということは、それによって肝臓の疲れをいやすことになるからです。

ところが、お酒が好きな人にとって「お酒を控える」というファインプレーは、口でいうほど簡単なことではありません。飲みすぎたと認識しても、翌日酔いがさめるとそのことを忘れ、またお酒を飲んでしまう人が多いです。

そうした飲酒習慣を継続することによって、アルコール性肝疾患は徐々に悪化していくことになります。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれます。肝臓は、不調になっても文句のひとつも言わず、懸命に仕事をこなそうとする頑張り屋さんなのです。

酔いが覚めれば痛みも不快感も肝臓自体が訴えることはありません。しかしそうした肝臓の性質が、アルコール性肝疾患の悪化を招きやすくしてもいるのです。

脂肪肝はアルコール性肝疾患の第一歩!

肝臓に必要以上の脂肪が蓄積された状態を「脂肪肝」と呼びます。飲酒による脂肪肝を特に、「アルコール性脂肪肝」と呼びます。飲酒習慣の乱れはアルコール性肝疾患の悪化を招きます。アルコール性脂肪肝はその第一歩ともいえる状況です。

アルコール性肝疾患は、アルコール性脂肪肝からスタートして、アルコール性肝炎・肝線維症、肝硬変と悪化し、最終的には肝臓がんという最悪な結果を招くこともあります。無自覚であっても、脂肪肝からは早く脱しておく必要があるのです。

ですからお酒を愛飲される方は、こまめに肝機能検査をして、主に下記の肝機能の数値に注意していただきたいと思います。アルコール性脂肪肝との診断が下されたら、直ちに休肝日をつくる(ふやす)などの対処をしてください。

アルコール性脂肪肝は、肝機能検査(血液検査)をすれば数値としてはっきりと表れます。たとえばALT(GPT)やAST(GOT)、そしてγ-GPTの数値が基準より高い場合、その組み合わせによって(アルコール性)脂肪肝であることがわかります。

生命の危険を感じるべき段階!アルコール性肝炎・肝線維症

アルコール性脂肪肝を発症しても特に対処せず、そのままの飲酒習慣を継続すると、アルコール性肝疾患はさらに悪化します。やがてワンランクステージが進むと、「アルコール性肝炎」やと呼ばれる状況に至ります。

もしくは、肝臓組織がダメージを受けて繊維化する「肝線維症」と呼ばれる疾患に至ることも多いです。アルコール性肝炎にしても肝線維症にしても、悪化すると肝硬変を招くリスクが一気に高まる段階であるといえます。

ということは、脂肪肝からひとつステージが進んだだけではあっても、アルコール性肝炎や肝線維症の段階であれば十分生命の危険を感じていなければならないくらい、非常にリスキーなステージであるといえるのです。

脂肪肝は、アルコール性か否かにかかわらず、たいてい無自覚です。したがって、肝機能検査をせずに脂肪肝を発症していることに気づかないで飲酒習慣を継続すると、アルコール性肝炎・肝線維症のステージに至ってしまう人は多いです。

さらに悪いことに、肝機能検査をしてアルコール性脂肪肝であるとの診断が下っても、無自覚であるために飲酒習慣を改めず、結局アルコール性肝炎・肝線維症にかかってしまったというケースも珍しくありません。

このことが、お酒が好きな人にとっての肝機能管理の難しさであり、アルコール摂取量をコントロールすることの難しさの表れであるといえます。

アルコール性肝疾患のさらなる悪化!肝硬変と肝臓がん

肝硬変という病気がどういうものであるのかを知らなくても、その病名を知らないという人は少ないと思います。そして、肝硬変がかなり重篤な肝疾患であるということも知っている人は多いでしょう。

ところが、アルコール性脂肪肝を発症し、やがてアルコール性肝炎や肝線維症へとステージ進行し、とうとう肝硬変になってしまった・・・という人は決して少なくないのです。その理由も、やはり2つ考えられます。

ひとつは、アルコール性肝炎や肝線維症の段階においても、アルコール性脂肪肝と同様無自覚であるケースが多いということです。無自覚ゆえに、肝機能検査や休肝日の設置などの日々の努力を怠ってしまうのです。

もうひとつは、アルコール性肝炎/肝線維症であることをわかっていながらも、お酒の魅力(魔力?)に勝てず、飲酒習慣を断ち切れないまま肝硬変になってしまったというケースです。ウソみたいな話と思われるかもしれませんが、ほんとうです。

肝硬変を発症すると、この段階になってお酒をようやくストップしたとしても、その後肝臓が元通りになることは残念ながら少ないです。しかも肝硬変から肝不全、肝臓がんといった末期的なアルコール性肝疾患を招く事例も多いです。

アルコール性肝疾患はどう予防し、どう治療するか

病名からもわかるとおり、アルコール性肝疾患はアルコール摂取だけに起因すると考えて間違いありません。ということは、予防するにしろ治療するにしろ「お酒とのつきあい方」が最も重要なポイントになることは言うまでもありません。

お酒が好きな人にとって、このことがどれだけ難しいことであるかすぐに想像できると思います。そのため、予防にしても治療にしても、「お酒が好き」という嗜好の部分にもメスを入れなければならない場合が多いです。

アルコール性肝疾患をいかにして予防するか

それでは、予防方法から考えることにしましょう。まずは予防の前提となる考え方から。

アルコール性肝疾患を発症するすべての発端は、ご自身の飲酒習慣にあります。お酒は習慣的に他人から無理やり飲まされるものではありません。アルコール性肝疾患にかかるかどうかは、ご自身の意思による部分がとても大きいのです。

仕事の付き合いなどで形式上「飲まされる」ということはあるかもしれませんが、それも飲酒習慣としてとらえなければなりません。つまり、たとえ少量であっても飲酒習慣がある以上、アルコール性肝疾患にかかるリスクは誰にでもあるのです。

その観点からすると、まずは「飲酒習慣を改善する(断ち切る)」ことが、アルコール性肝疾患の最大の予防方法になります。たとえば「休肝日」を設けるのも、予防方法のひとつです。ただ、休肝日の設定にも厳密を要する場合があります。

休肝日はどのように設定すればいいの?

休肝日とは、アルコール摂取を控えて肝臓を休ませてあげる日のことですが、一般的には週に2~3日設けると良いというようなことが言われます。そうは言っても、個人差がありますので、2~3日が必ずしもベストとは言えません。

肝臓の状態によっては、週5日の休肝日が必要な人もいれば、アルコール摂取は1滴も許されないという人もいます。もちろん断酒ともなると、もはや予防とはいえない段階ですが、休肝日については一概にいえないのです。

よく「お酒に強い、弱い」という表現が用いられますが、実はこのことにも関係しています。簡単言えば、お酒に弱い人ほど休肝日は多めに設定したほうがよいといえます。もちろん、お酒に強いからといって油断は禁物ですが。

というのも、お酒の強い弱いは、肝臓の働きによって機能する「アセトアルデヒド脱水酵素」と呼ばれる代謝酵素と関係しているからです。アセトアルデヒド脱水酵素が活発に機能すればお酒に強くなりますし、機能性が悪いと弱くなります。

アセトアルデヒド脱水酵素が機能してどんどんアセトアルデヒドの代謝を行うことができれば、それだけ肝機能が順調に行われていることを意味します。これがお酒に強い人です。

しかしお酒に弱い人は、アセトアルデヒド脱水酵素がそこまで強固ではないため、有害なアセトアルデヒドを代謝するための猶予を肝臓に与える必要があります。その猶予が休肝日であり、アルコール性肝疾患の予防にもつながります。

ですから、お酒に弱い人ほど休肝日は多めに設定してあげてほしいのです。ちなみに、アセトアルデヒド脱水酵素の機能性は「生まれつきのもの」ですので、たくさん飲んで鍛える(お酒に強くなる)ことなどできないと認識してください。

▼関連記事
アルコール性肝炎を予防するための、肝臓をいたわるお酒の飲み方

あなたはほんとうに「お酒に強い人」ですか?

上記の説明だと、お酒に弱い人だけが休肝日を設定してアルコール性肝疾患の予防をする必要があるというふうに誤解されてしまうかもしれませんね。まあ結論からいえばそういうことではあるのですが・・・

ただ、ひとつ注意しておかなければならないのが、「お酒に強い、弱い」ということばは、それが主観であるにせよ客観であるにせよ、あくまでも程度の表現であって、そこには明確な基準が存在しない、ということです。

つまり、自分がお酒に強いと思っていても、実はそうでないこともあるのです。いや、日本人の場合、むしろ自分がお酒に強いと思いこんでいるだけで、実はお酒に弱い人のほうが多いと考えるべきかもしれません。

お酒に強いというイメージは、多少酔っぱらってもへっちゃらへっちゃら・・・というタイプの人を指している場合が多い印象があります。しかし実はこの時点ですでに、お酒にはあまり強くない人である可能性が高いといえるのです。

アルコール性肝疾患の予防を考えるとき、「多少酔っぱらった」時点で、すでに肝臓への負担がかかっていると考えるべきです。つまり、酔っぱらったと認識した時点で、休肝日は必要であると考えるべきなのです。

肝臓目線で言えば、お酒を飲んでも全然酔っぱらわない、あるいはシラフとほぼ同様な人だけが「お酒に強い人」であると認識してください。それ以外は「お酒に弱い人」もしくは「いちじるしくお酒に弱い人」であると認識すべきです。

もちろんお酒の強さを誇張するために、「自分はお酒に強い!」と豪語するのはご自身の自由です。ただ、アルコール性肝疾患の予防を考える際には、肝臓目線でお酒の強さを認識していただきたくことを切に願います。

要するに、日本人のほとんどが、「最低でも週2~3日の休肝日が必要な人」に当てはまると考えるのが、アルコール性肝疾患を予防する上では妥当なのです。

肝機能検査をすること自体がアルコール性肝疾患の予防につながる!

お酒の強さはあくまでも雰囲気であって、明確な基準ではないということを上でお話しました。それゆえどうしても休肝日の設定の方法が難しくなってきてしまいます。しかもそこにアセトアルデヒド脱水酵素の機能性という個人差も生じます。

だからこそ、アルコール性肝疾患の予防方法を具体的に提案することが少々難しく感じられるのです。であれば、逆転の発想で、明確な基準にしたがってアルコール性肝疾患の予防をすればよいではないか、というところにたどりつきます。

そのためには、まずはご自身の肝機能の状態を数値から知ることが望まれます。もちろん厚生労働省が公表しているアルコール摂取量のガイドライン(1日のアルコール摂取量は20mL未満が望ましい)などを参考にするのもよいですが、まずは肝機能検査から予防の方向性を見出すべきです。

ガイドラインはあくまでもガイドラインであって、公的な発表ではあっても、肝機能特有の「個人差」の部分までは対応できていません。ですから、飲酒習慣がある人は、こまめに血液検査をして、肝機能の状態を把握しておくことが重要です。

これまで特に大きな異常がない習慣的飲酒者の場合、年1回程度のペースで肝機能検査を行うことが理想といわれています。

超音波検査(エコー) 最も頻繁に行う。害が少ない。
CTスキャン エコーを補う。血流がわかる。
MRI(核磁気共鳴) 腫瘍の性質と血流状態がわかる。
血管造影 腫瘍の診断や治療を行える。
内視鏡検査 静脈瘤の診断

(東海大学医学部付属東京病院消化器肝臓センターより)

アルコール性肝疾患をいかにして治療するか

アルコール性肝疾患は、脂肪肝や肝炎、肝線維症、肝硬変(いずれもアルコール摂取に起因)といった各ステージを総称するものです。ですからアルコール性肝疾患の治療は、それぞれのステージごとに行う必要があります。

とはいえ、肝炎・肝線維症以降のステージともなると、これはもう病院でお医者さんと相談しながら治療していくしか方法はありません。したがってここでは、アルコール性脂肪肝の治療についてお話していくことにします。

アルコール性脂肪肝は、肝臓に過度な脂肪が付着した状況です。人間で言えば、イメージとしては「ダイエットが必要な状況」に置き換えられます。ですから肝臓にもダイエットをしてもらう必要があります。

ただし、アルコール摂取が原因で脂肪が付着したわけですから、アルコールを控えるのがベストです。もちろん他の方法で脂肪をカットするということも考えられますが、やはりアルコールに着目するのが筋でしょう。

アルコール性脂肪肝の治療の目的は、予防の考え方に通じるところもありますが、やはり肝炎や肝線維症へとステージ進行させないというところにあると考えるべきです。

もちろんそのために医療機関での治療も可能ですが、ご自身の努力によって治療するのであれば、休肝日を採用するなどして飲酒習慣を改善する、もしくは一時的にでも断酒するといった方法が最も適切であるといえるでしょう。

治療の結果として、肝機能検査で数値の推移を見ることも大切です。飲酒習慣の改善、断酒をしたにもかかわらず数値が悪化しているときには、アルコール摂取とは別の原因が考えられますので、主治医に相談してください。

アルコール依存症との関係も考慮する

お酒の強い弱いの話にも少し似ていますが、飲酒習慣がある人の多くが、アルコール依存症にかかっている可能性が高いと考えられています。いやいや、自分はアルコール依存症ではないと主張する人も、実は依存症だったという事例は多いです。

アルコール依存症の治療は、もっと重篤なアルコール性肝疾患の際に採用されることが多いです。ただ、アルコール依存症を治療するという考え方も、アルコール性脂肪肝の治療の方向性としてはアリでしょう。

アルコールでヒトは死ぬことを忘れないで!

ストレス社会などといわれる現代社会を生きる上で、ストレスとどう付き合うかという方法論はいろいろ語られてきました。いろいろ正当な方法がある中で、そのどれにも該当しないのが、飲酒という手段でした。

ストレスによって、まわりまわってヒトが死ぬという話は、近年ではごく当たり前に語られるようになっています。たとえば、がんの発症はストレスと強いかかわりがあることもわかってきています。

そういう意味では、ストレスでヒトが死ぬと言っても決して過言ではないと思います。そのストレスを発散するために飲酒という手段を用いるというなら、アリかナシかでいえば、そういう手段もアリだとは思います。

ただし、これまでにも再三お話してきたように、アルコールでヒトは死にます。ストレスのように「関節的な死」ではなく、肝臓が壊れるという「直接的な死」のリスクがあるのです。

それはつまり、飲酒が手段ではなく、完全な目的となってしまったときに起こる恐怖です。

飲酒習慣がある人は、どうかこのことだけは忘れないようにしていただきたいと願います。ご自身とご自身の肝臓をいたわりながらお酒を楽しんでいただきたいと思います。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る