TOP > > アルコールの飲み過ぎで脚気が発症!ビタミンB1不足に注意せよ

アルコールの飲み過ぎで脚気が発症!ビタミンB1不足に注意せよ

脚気(かっけ)と言う病気を知っていますか?今ではあまり聞かない病気ですが、江戸時代以前からある病気なのです。脚気はビタミンB1の摂取不足から発症し、神経障害や心臓疾患を引き起こす危険な病気です。

年配の人に脚気の症状を聞くと「足が上がらない」とか「膝下をハンマーで叩いても膝が上がらない」などと言いますが、この症状は下肢の神経障害を表しています。

日本では江戸時代から大正時代に大流行しており、その頃は日本人の栄養状態に大きな変化があった時代と一致しています。それは白米技術の向上であり、玄米を主食としていた日本人が、精製された白米を主食とすることで広まったと言えます。また戦争中や戦後の食料不足の時代にも多くの脚気患者が現れたそうです。

脚気が怖い理由はその死亡率の高さからも伺えます。脚気は神経障害を引き起こすだけではなく、心不全を引き起こし死に至る病気だったのです。現代の日本には栄養不足など関係ないように思いますが、実は脚気患者が少しずつ増加しているようなのです。

脚気の原因とは何でしょうか?

脚気の発症原因は栄養不足によるものです。ビタミン欠乏症の一つであり、ビタミンB1の不足により発症することが確認されています。

ビタミンB1は人間が生きていく上で必要な糖の代謝に必要な栄養で、不足することにより様々な障害が出てきます。ビタミンB1が不足することで、代謝が上手く機能できなくなり「疲れ倦怠感」「食欲不振」などが表れてきます。

また進行することで神経障害も発症し、全身や下肢の「麻痺」「痺れ」なども表れて「運動麻痺」に進行します。血圧も低下し、動くことも出来なくなり、心不全により死亡することも多くなるのです。

脚気はビタミンB1を適切に摂取していれば問題のない病気であり、豚肉や大豆、魚類などの食品を適正に摂取していれば、十分に摂取可能です。このように現在の生活では発症し辛い脚気が、なぜ最近増加しているのでしょう。それには以外な理由があったのです。

現代社会で増加している脚気の以外な理由とは何か

脚気がビタミンB1の不足から発症することはご理解いただけたと思います。このビタミンB1の仕事は、身体の中にある糖を分解してエネルギーを作り出すことです。日本人の主食は米であり炭水化物に該当しますが、これは大部分が糖質になるのです。

この糖質をエネルギーに分解するために、ビタミンB1が重要なのです。つまりビタミンB1が少ないと、いくら食品を食べてもエネルギーを作り出すことが出来なくなり、身体に変調をきたす結果になります。

しかし、通常の食事でもビタミンB1は必要量摂取できているのになぜ不足するのでしょう?それは、「アルコール性のビタミンB1欠乏症」が原因です。

一部のアルコール類を除く「日本酒」や「ビール」は糖質を多く含んでいます。つまり、お酒を大量に飲む行為は、糖質を分解するために多くのビタミンB1が必要になり、ビタミンB1欠乏症になってしまうのです。

特に慢性的にお酒を飲む人にこの症状が多く表れているようです。身体の代謝に必要なビタミンB1をアルコールの分解に使用してしまうことで、脚気が発症してしまうのです。

特にアルコールを慢性的に飲む人は食事内容も偏りがちで、つまみのみで食事を終わらせる人も多いこともビタミンB1不足の原因と考えられます。

また、ビタミンB1は身体に吸収されにくい性質もありますので、食品に含まれているビタミンが全て吸収できないことから、食事内容の偏りは大きな要因と言えるでしょう。

大酒飲みに注意してもらいたい脚気対策を紹介します

お酒をほどほどにするのが一番良い方法ですが、なかなか難しい人もいるようです。そこで大酒飲みが脚気にならないための対策を紹介します。

・お酒を飲む時には栄養を考えた食事を一緒に食べるようにしましょう。魚や肉類、豆類などの食品を積極的につまみとすることで、ビタミンB1の補給を行います。

・ニンニクやネギにはビタミンB群を吸収しやすくする作用がありますので、料理に使用して下さい。

・面倒な人はビタミンB群のサプリメントを飲みましょう。お酒を慢性的に飲んでいる人は、ビタミンB群のサプリメントを常用することも効果的です。

大昔には白米を食べることができる上流階級の人がかかることから、「贅沢病」とも言われた脚気ですが、現代においては「大酒飲み病」とも言えるのかも知れません。まあ、これも贅沢な病気かもしれませんが…

体質や病気によってビタミンB1の吸収が難しい人もいるそうですが、現代の脚気の原因の多くがお酒とは驚きです。でも考えてみると納得の内容ですね。酒飲みの人は十分に注意して下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る