TOP > 飲酒

飲酒がもたらす身体への影響

飲酒とは、お酒などのアルコールを含む飲料を飲むことです。ワインやウィスキーには、体をリラックスさせる効果があり、ビールの原料であるホップの香りは、気持ちを落ち着かせる効果があります。

ビールを飲むと、利尿作用もあり、ストレスを解消するために、自分に合った適量の飲酒は、おすすめです。ですが、過剰な飲酒は、体への健康を損なうおそれがあり、飲酒後の酒酔い運転による交通事故など、社会的な問題に発展する場合もあります。

そのため、未成年の飲酒は、法律で厳しく禁止されています。

このカテゴリでは、飲み過ぎない為の方法、悪酔いを避ける方法、健康を損ねない飲酒について、健康になるための上手な飲酒の方法について、をご紹介しています。

飲酒の量、悪酔いを防ぐには

リラックス効果があり、ストレスを発散することにもよいとされる飲酒ですが、過剰な飲酒は体を不健康にしてしまいます。分かっていても、ついつい飲み過ぎてしまう。という方は、こんな工夫で飲酒の量を調整しましょう。

・飲酒量を調整しよう
体に悪いと分かって飲んでしまう方へ…こんな工夫で飲酒の量を減らす

飲酒で最も心配なのは、やはり肝臓です。過剰な飲酒はもちろん良くはありませんが、おつまみを工夫することで、肝臓への負担を軽減し、アルコール分解の効果を上げることが出来ます。

また、トマトを食べてからアルコールを摂取すると、悪酔いを防げ、二日酔いにもなりにくいということが分かっています。

・おつまみで予防しよう
酒の肴にトマト!?飲む前に食べて悪酔いを防ぐ、旬のミカタ
お酒好きさんに朗報!おつまみで肝臓を守ろう

健康を損ねない飲酒とは

会社帰りなどに、ストレス発散のために飲酒をされるという方が増えています。自分に合った適量であれば、とてもいいストレス発散になると思うのですが、何事も『適宜』が大事です。自分の適量と、健康を害さない飲み方を学びましょう。

・飲み方と適量を知ろう
アルコールを上手に分解出来る時間がある。健康を損なわない飲み方を
健康を損ねない飲酒ってどれくらい?実際に自分の適量を把握する方法

アルコールで健康に

アルコールは、昔から『百薬の長』と呼ばれています。アルコールを摂取すると、体が温まり、血行を良くしますし、利尿作用があることで、老廃物も一緒に体の外に出してくれる効果も期待できます。

ストレス発散、リラックス効果も抜群です。また、心筋梗塞などの発症リスクを抑える作用があることも分かっています。過剰摂取は良くありませんが、生活に上手に取り入れると、体も心も健康でいられるのです。

・アルコールは百薬の長
酒は百薬の長とは本当なの!?アルコールが健康に良いと言われる理由
さすが百薬の長!アルコールを上手に飲むと得られる健康効果5つ

女性は特に、ホルモンのバランスが崩れがちで、血行不良や疲れやすいなどの症状が出やすいものです。そこで、生薬が入った薬用酒や、適量のアルコールの摂取がおすすめです。アルコールは血行を良くし、生薬の力で、なんとなく不良だった体調が改善するかもしれません。

・体にいい飲酒とは
薬用酒が健康に良いと言われる3つの理由
女性必見!身体にプラスな「お酒」の飲み方

未成年の飲酒がダメなワケ

未成年というのは、まだまだ大人になりきれておらず、発育の途中です。そのような大事な時期に、アルコールを摂取すると、脳の細胞が破壊され、成長を妨げてしまいます。

また、未成年の頃からの飲酒は、アルコール依存症に陥りやすく、とても危険。トラブルに発展しやすいのも特徴であることから、未成年の飲酒は法律で厳しく禁止されています。
誘われても、断る勇気を身につけましょう。

・未成年の飲酒
法律違反と知ってて飲んじゃダメ!未成年飲酒の大きな健康被害を知る

アルコールの危険性とは

アルコールは、リラックス、ストレス発散に効果があり、適量は健康な生活を送る上でも、良いとされています。ですが、お酒と一緒にカロリーの高いおつまみを食べると、当然太ります。

肥満ともなれば、いろいろな病気を引き起こす原因にもなりますので、注意が必要です。また、女性は、男性よりも、アルコールを分解する肝臓が小さいこともあって、アルコール中毒を起こしやすく、アルコール依存症にもなりやすいという統計があります。

飲み過ぎ、食べ過ぎには、十分注意されてください。

・注意したい飲み方とは
「ビール太り」は勘違い?ビールを飲んで太る本当の理由とは
アルコール中毒は女性の方がなりやすい。注意が必要なお酒の飲み方

脚気は、ビタミンB1不足から起きる神経障害ですが、アルコールを過剰摂取すると、その発症リスクが上がることが分かっています。

アルコールにはたくさんの糖分が含まれており、その糖分を分解するために、多くのビタミンB1を必要とするからです。

脚気が重症化してくると、心疾患を引き起こし、死に至る場合もあります。ビタミンB1を多く含む、大豆製品、魚などを摂取して、怖い脚気を防ぎましょう。

・飲み過ぎは病気のもと
アルコールの飲み過ぎで脚気が発症!ビタミンB1不足に注意せよ

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る