TOP > > アルコールも正しく飲めば健康になれる?その種類と飲み方を徹底解明

アルコールも正しく飲めば健康になれる?その種類と飲み方を徹底解明

アルコールと聞いたとき、皆さんはどのようなことをイメージしますか?

酒は百薬の長ということわざがあるように、アルコールも飲み方しだいでは健康維持に役立つものとなります。しかしいくら健康に役立つものでも、過剰摂取=飲みすぎてしまえば毒となることもあります。

だけどアルコールが好きな人は、今日から突然禁酒と言われてもそう簡単にやめられるものではありません。そこで、好きなお酒をやめずに尚且つ健康的に飲む方法を探してみました。

種類ではなく飲み方に問題あり?

健康維持に役立つお酒の種類を調べてみましたが、種類というよりも飲み方で体に与える影響が変わってくるようですね。

例えばどんなにお酒が飲みたくても、空腹時に一気飲みをすれば胃にも肝臓にも負担が大きくなってしまいます。おつまみというのは美味しいからお酒が進むという意味もありますが、他の意味もあったのです。

何かをつまみながら飲むことで、空腹に一気に流し込むよりも食べたものがクッションとなり、胃を守りアルコールの吸収もゆっくりにすることができます。アルコールを飲む場合は必ずおつまみと一緒にというのを心がけてみましょう。おつまみの種類もちょっとだけ意識すると尚いいですね。

脂っこいものは胃もたれや太る原因となりますが、適量なら油がアルコールの吸収を遅くするので意外と役に立ってくれます。ビタミンやミネラルはアルコールを分解するときにも必要なので、野菜や魚などおつまみにも栄養バランスを意識したものを取り入れるのがおすすめです。

アルコールの種類を考える場合

しかしアルコールの種類も多少考えて飲んだ方がより健康的と言えるかもしれません。アルコールというと思い浮かぶのは、ビール、焼酎、日本酒などですが、他にもいろいろな種類がありますね。

これからアルコールを飲むときに、缶や瓶に記載されているカロリーもチェックしてみましょう。例えばビールに含まれるプリン体は大量に飲み続けると痛風の原因になると言われています。中には太る原因になるという説もありますね。

適量なら問題ないと言われていますが、プリン体が気になる場合はプリン体をカットしているビールも出ているのでそういうものを選んでみましょう。

焼酎よりもビールの方が太るというイメージをもたれやすいのですが、カロリーとして見たときには焼酎の方がビールよりも高カロリーです。

アルコールを飲むときには度数の違いでカロリーも変わってくるので、ここもチェックしておくといいですね。カロリーはあくまでも目安なので、カロリーの低いお酒でも飲みすぎてしまえば同じです。度数が低ければカロリーも低いと考えて油断してしまいますが、飲みやすい分多く飲んでしまう傾向があるので、飲みすぎにも注意しましょう。

焼酎の意外な効果

アルコールの中でも焼酎には独特の香りなどのするものもありますね。ここは好みも分かれると思いますが、焼酎は適量なら血をサラサラにする作用があるのを知っていましたか?

もちろん飲みすぎてしまえば健康に悪影響を与えることになりますが、適量なら焼酎もおすすめです。お湯割りなら体を冷やさずに済むので冷え性対策にもいいですね。

炭酸のシュワっとした口当たりも飲みやすくなりますが、糖分の多い甘いものよりは炭酸水だけの方がカロリーも控えめだし適度、炭酸の発泡が代謝を促進させる作用があるので健康維持にも役立ちます。

このように種類でも体に与える影響は変わってきます。あとはおつまみの成分やアルコールとの相性を考えながら飲めば、健康的にお酒を飲むことができますね。

ただしくれぐれも飲みすぎには注意しましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る