TOP > > 白髪で悩んでいる人へ!白髪を黒くする方法と予防する食べ物

白髪で悩んでいる人へ!白髪を黒くする方法と予防する食べ物

白髪があると、見た目に老けた印象を与えるので、艶のある黒い髪を保ちたいと思う人は多いと思います。また、白髪が多い人ほど、皮膚の病気にかかりやすい傾向があります。美容だけでなく、健康にも黒い髪は大切なのです。白髪を黒くする方法をご紹介します。

なぜ白髪になるのか?

髪に白髪ができるのは、髪に黒い色をつけるメラニン色素が関係しています。メラニン色素は、日焼けをすると黒くなるメラニンと同じものです。何らかの原因によって、髪に黒い色素をつけるメラノサイトという部分が働かなくなると、髪に色が付かないまま伸びてしまい、白髪となって現れるのです。

そのメラニン色素ができなくなる理由は、ストレスや体の不調などの原因があるのですが、詳しい原因は分かっていません。ただ、メラニン色素が作られなくなる時に、必ずといっていいほど不足している栄養素が硫黄です。メラニンを作る細胞に、硫黄が不足すると、細胞が正常に働かなくなるので、髪に色がつかず白髪となるのです。

海藻を食べると髪が黒くなるというのはウソ

よく、海藻を食べると髪が増えたり、髪の色が黒くなるという噂のようなものがありますが、海藻には髪を増やしたり、髪を黒くする作用はないので、これは迷信というか、ウソです。髪の黒い色はメラニンの色なので、メラニンの分泌を正常に戻すことができれば、白髪は黒い髪に戻りますが、残念ながら、海藻に含まれる栄養成分をどう見ても、髪を黒くする成分は入っていません。

メラニンを黒くする時に絶対的に必要な栄養素は、硫黄ですが、硫黄は食べ物の中では単独で存在することができないため、アミノ酸にくっついた形で、私たちの体に吸収されます。私たちが日常的に食べる食品の中で、硫黄を最も多く含む食べ物は、牛肉です。そして、牛肉の中でも、赤身に多く含まれるので、ヒレ肉やモモ肉のような部位に硫黄が多く含まれます。

つまり、白髪を黒い髪に戻す方法は、赤身の牛肉をたくさん食べることが最も効果的なのです。海藻は、牛肉と一緒に取り込んだ硫黄が、メラニンを作る時に補助的に作用するという言い方であれば、それは確かです。しかし、最も肝心なのは、牛肉によって硫黄を摂ることです。

白髪が多い人が気をつけなければいけない病気

白髪は、髪にメラニンが不足することで起こりますが、これは髪の毛だけでなく、体全身に言えることです。特に注意が必要なのは、皮膚病や皮膚がんです。皮膚は、紫外線など外部からの刺激に対して、メラニンを作って皮膚や体を守るように働きます。

しかし、メラニンができないと、紫外線に当たっても皮膚を防御することができず、紫外線が皮膚や体内へ入り込み、皮膚病や皮膚がんなどの恐ろしい病気を誘発する危険があるのです。ですから、白髪は美容の観点だけでなく、皮膚病や皮膚がんにも関わる大きな問題だと認識して下さい。そして、こうした病気を予防するためにも、白髪を黒い髪に戻すことは重要なことなのです。

ほとんどの白髪は必ず治せる

白髪は薄毛や抜け毛と違って、髪の毛が生える機能は正常に働いているので、髪を黒くする部分さえ元に戻せば、白髪は黒い髪に戻ります。すべての栄養が断たれた状態では、髪の毛が生えることすらできませんが、黒い髪に戻る可能性は十分にあります。

白髪を治す上で、最も問題なのは、白髪に対する認識です。先ほども述べたように、海藻を食べると良いというのは、全くの迷信ですが、白髪で悩む人は、改善策として海藻を食べることくらいしか行っていないように思われます。

また、白髪は病気ではないと考え、放っておく人もいます。正しい知識がないから、症状が治らないといっても良いでしょう。まずは、メラニンの分泌異常を改善することから始めて下さい。皮膚の生まれ変わりのサイクルは28日ですから、最低でも1ヶ月間は、栄養に気をつけるようにして下さい。

また、ストレスによっても、髪を黒くする部分が影響を受け、正しく機能しないこともあるので、ストレスを軽減する努力も同時に行って下さい。ストレスの解消法は、このサイトでもたくさん紹介されていますから、ご参考にされると良いかと思います。白髪は、病気ではないとは言い切れないものなので、認識を改めていただき、つややかな黒い髪を保つようにいたしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る