TOP > > 長生きしたいなら!できれば避けたい「老化を早める食べ物」とは

長生きしたいなら!できれば避けたい「老化を早める食べ物」とは

いつまでも若々しく健康でいたいというのは、誰もが願うこと。そのために栄養や睡眠、運動に気を使って、健康を維持する努力をしている人も多いでしょう。でも、食べるだけで老化を早めてしまうものがあること、知ってますか?

そんな危険な食べ物、誰だって避けたいですよね。でも、老化を早めるものほど、みんなが大好きな美味しいものだったりするんです。でも、いったいどうして、食べるだけで老化を早めてしまうことになるのでしょうか?

食べ物に含まれるAGEが、老化を早める原因!

AGEって、聞いたことありますか?AGEは、「終末糖化産物」といい、タンパク質と糖が加熱されることで生成されます。このAGEが、老化を早めてしまう犯人。AGEが体内にたまるほど、老化が進んでいきます。

恐ろしいのは、老化だけでなく全身の健康にも影響するということ。たとえば、脳梗塞や骨粗鬆症、白内障なども、体内に蓄積されたAGEによって引き起こされる場合があるんです!

AGEは、焼き色のついたところにある

AGEが発生している目印は、こんがりとした焼き色。AGEは、「加熱する温度が高いほど多く発生する」特徴をもっているんです。つまり、美味しそうなキツネ色をしている食品は要注意。高温で調理される揚げ物や炒め物、オーブンを使った料理などはAGE値が高いということになります。では、高AGEで老化を早める食べ物を、詳しく見ていきましょう。

誰もが好きな「鶏の唐揚げ」

鶏肉の唐揚げ、美味しくてみんな大好きですよね。でも、これは老化を早めてしまう危険性があります。鶏の水炊きと比べると、AGEの量はおよそ10倍!唐揚げだけでなく、トンカツやフライなどの揚げ物はすべてAGE値が高いんです。ランチや晩ご飯のメニューとして人気ですが、食べる頻度には気をつけたいところですね。

やみつきになってしまう「ポテトチップス」

ポテトチップス、食べだすと止まらなくなってしまう人が多いのではないでしょうか。でも、これもAGEの値が高めな食べ物。やみつきになりがちですが、食べ過ぎてしまわないようセーブしましょう。フライドポテトも同じでAGE値は高め。ついついたくさん食べたくなりますが、ほどほどにとどめておきましょう。

女性に人気の「パンケーキ」

女性を中心に話題になって、一気に人気者になったパンケーキ。実は、含まれるAGEが多めで、老化を早めてしまう食べ物のひとつなんです。また、パンケーキにはバターが使われます。

バターはそれだけでも高AGE値の食品なので、パンケーキのAGE値はよけいに高くなってしまっているんです。おしゃれで美味しいパンケーキですが、食べ過ぎないように気をつけましょう。

どこの家庭にも常備されている「ベーコン」

朝食やお弁当、サラダなど、いろいろなシーンで使える、ベーコン。どこの家庭の冷蔵庫にも必ずといっていいほど常備されていますよね。でも、ベーコンに含まれるAGEの量は、多くの食品の中でもトップクラス。調理法のアレンジもきくので便利な食品でもありますが、使いすぎることのないようにしたいものですね。

お弁当の常連「ソーセージ」

お弁当に入っていると嬉しくなるおかずのひとつ、ソーセージ。ソーセージは、フライパンで高温で焼くために、AGE値がグンと跳ね上がります。お酒のおつまみにも良いけれど、くれぐれも食べ過ぎないように。同様に、フランクフルトも高AGEなので注意して。

ついつい飲みたくなる「清涼飲料水」

のどが渇いた時や、気分転換にほっと一息つきたい時、炭酸ジュースなどの清涼飲料水を飲む人も多いでしょう。でも、ほとんどの清涼飲料水にはAGEを作りだす人工甘味料が使われています。人工甘味料がAGEを作り出す速さは、なんとブドウ糖の10倍。成分表示をチェックして、「果糖液糖」や「果糖ブドウ糖液糖」などがある場合には要注意です。

どうです?あなたの大好きな食べ物もこの中にあったのではないでしょうか?AGE値が高い、つまり、老化を早めるからといって、一切食べないようにするのも難しいことです。せめて食べ過ぎないように気をつけて、若さと健康を保っていきたいですよね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る