TOP > > 老化の一番の原因は紫外線!?夏の紫外線対策

老化の一番の原因は紫外線!?夏の紫外線対策

紫外線は細胞直接傷つける

夏になると、日差しが強くなりますので本格的な紫外線対策が必要になりますよね?しかし、夏場の強い日差しだけでなく紫外線のダメージは常日頃から蓄積されていっています。

太陽の光は、私たち人間の自律神経を整えたり、活力を見出すのにとても大切なものです。さらに、太陽が当たっていないと地球は氷河期に突入してしまいますから、殆どの生物は死に絶えるでしょう。このように大切な太陽なのですが、一方で太陽光に含まれる紫外線はとても厄介です。

紫外線に当たると、シワやシミの原因になる事は有名ですが、肌が細胞レベルで傷ついてしまう事で水分が皮膚から抜けていきやすくなり、肌荒れや乾燥肌の原因になります。紫外線や放射線などのように直接身体を貫通していくものは細胞を傷つけてしまうので危険です。

シワやシミなどの色素沈着の原因に

紫外線によってなぜシミやシワができるのかというと、皮下組織にはメラノサイトというメラニン色素を作り出す組織がそなわっています。メラニン色素は有害なものではなく、人種の肌の色を決めたり目の色を決めたりと、大切な役割を担っています。

黒人の肌がなぜ黒いのかというと、日射量の強いところで生活をするため、紫外線などの有害なものから肌を守るためにメラニンが活発に分泌されているのです。

通常は新陳代謝によって新しい細胞や皮膚に入れ替わる時にこうしたシミやそばかすはなくなるはずなのですが、蓄積された紫外線のダメージによって細胞や遺伝子情報が変異する事によって断続的にその部分の皮膚からメラニンが放出され続ける事になるのが、シミの色素沈着の原因です。

体内の活性酸素を活発化させる

紫外線は、体内の活性酸素を活性化させてしまいます。活性酸素とは、酸素が化学変化を起こした毒性の強い物質で、ストレスなどによってもたくさん作られますが、紫外線のダメージによってもたくさん作られるようになります。

活性酸素もまた、細胞や遺伝子情報を傷つけてしまい、ガンや胃潰瘍などの原因になる事で知られています。紫外線の影響で皮膚がんになるのはこのせいです。こうした紫外線と活性酸素が、人間を醜く老化させてしまう2大要素なのです。

室内でも紫外線に当たっている

紫外線は太陽に直接的に当たった時にさらされるものだと考える方が多いですが、実は室内にいても紫外線の影響は受けています。特に窓ガラスなどはUVカット効果のあるものを除いて殆ど紫外線をカットしません。

紫外線は壁や窓をすり抜けて人体に到達していますから、日差しの強い日だけUV対策をしようと言う考え方では効果がありません。

とくに、10台の若い頃と比べても大人になってからの肌には再生能力が低下していますし、若い頃に運動部などで紫外線にたくさん当たってきた人ほど大人になってからの紫外線対策は重要になります。

しっかりとしたUVケアをする

以上の事を踏まえてしっかりとUVケアを日頃からしていく必要があります。夏場以外にも、例えば雪国では降り積もった雪によって太陽光が反射して日焼けをする事がありますし、冬場の大気は乾燥しているため、より多くの紫外線を通します。

UVクリームを日頃から塗る事に抵抗のある方は、化粧水や乳液などにUVカット効果のあるものを日頃から使っていくだけでも違いがあると思います。

食生活や保湿などに気を使って強い肌を作る

さらに、紫外線の対策は、なにも直接紫外線の当たる事を避けるだけではおさまりません。肌質によっても紫外線の影響を受けやすい人とそうでない人がいるからです。また、紫外線のダメージを蓄積しやすい肌とそうでない肌にも別れますからしっかりと日頃の生活習慣を見直していく必要があるのです。

たとえば、乾燥肌の人は紫外線の影響をもろに受けやすくなります。肌には外部からの刺激から身を守るためのバリアがありますが、乾燥肌のひとほどそうした油分や水分がすくなく、ダメージを受けやすくなってしまうのです。

洗顔をするにしても、あまり過剰になりすぎず洗顔フォームを使用するのは1日1回にした方がいいです。洗顔フォームの強い洗浄力によって、本来肌に必要な油分や皮脂まで取り除いてしまうとバリア効果が弱まってしまいます。洗顔後はしっかりと保湿をして肌のバリア効果を高めるように努力しましょう。

また、たとえ紫外線のダメージを受けたとしても健康な肌であれば新陳代謝によって皮膚や細胞が入れ替わるのと同時にシミやそばかすもなくなりますから問題ないのですが、新陳代謝がスムーズにいかない肌だとシミやそばかすが沈着してしまう原因になります。

新陳代謝は寝ている間の成長ホルモンによって活発化しますからしっかりとした質の高い睡眠をとる事や、肌にいいビタミンやミネラルの多い食事をとる事も大切なのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る