TOP > 老化

老化を遅らせよう

加齢によって、筋力や抵抗力、肺活量の低下などの変化が現れることを言い、死に至るまでの体の機能低下のことと、その過程を意味します。人は生まれてから、体が成長を始め、様々な機能、細胞が発達をしていきます。

そして、ある程度の時期を迎えると成熟となり、その後は機能低下を経て、死を迎えます。この老化への速度、進み方は、人によって違い、個人差が大きいものであり、遺伝子や生活環境が大きく関わっています。

人として生まれた以上、老化を迎えることは避けられる問題ではありませんが、生活環境に大きく左右されることから、生活習慣を見直し、笑いを日々の生活に取り入れることで、老化を予防することは出来ます。

こちらのカテゴリでは、老化の原因のひとつである紫外線について、老化を予防するための方法、老化と闘う方法、などをご紹介しています。

老化の原因とは

ストレスによって体内で作られる活性酸素は、体に毒性をもたらし、ダメージが大きく現れます。その活性酸素を、紫外線が作ってしまうということをご存じでしょうか?紫外線は、室内にいたとしても、窓などをすりぬけて入ってきます。外に出るときだけUV対策をしても、意味がないのです。紫外線というと、肌荒れやシミの原因と捉えがちですが、体にも影響がありますので、紫外線対策をしましょう!

・紫外線が老化を招く
老化の一番の原因は紫外線!?夏の紫外線対策

老化の予防方法とは

老化は、加齢による現象であり、止めるということは不可能です。ですが、過剰なカロリー摂取などによって、毒性の強い活性酸素を活発に活動させて、老化を進行させるのは、もったいないことです。

食べ過ぎに注意するだけで、老化が防げるのであれば、試さない手はないでしょう。また、活性酸素を撃退することが出来るファイトケミカルも、若い頃から取り組んでいれば、かなりの効果が期待できます。

・食べ過ぎないことが大事
お腹一杯食べると老化促進なんて本当?カロリーリストリクション効果
10代も注意!老化をもたらす活性酸素はファイトケミカルで対抗しよう

老化は止めることが出来ませんが、若く見られるためには、笑顔でいることが上げられます。明るい表情でいることは、まわりも明るくしてくれます。

そのためにも、口元のケアをお勧めします。口元や歯には、年齢が現れやすいものです。よく噛むことで口元の筋肉を鍛え、歯を丁寧に磨きましょう。

・お口のケアをしよう
若々しい口元を保つ!今日から実践できるお口の老化を防ぐ7つの方法

40歳を過ぎると、あちこちに「老化」が始まり、症状が目立つようになってきます。一番わかりやすいのは、老眼でしょうか。また、指先の力が弱くなっていくことも、老化のひとつ。それらを防ぐために、お勧めしたい栄養素があります。

ぜひ食事にとりいれられてください。また、指先を使った簡単な運動は、脳にも刺激を送ることが出来るので、脳にもいいことが分かっています。隙間時間を使って、指運動をぜひ!

・老化防止におススメの方法
老化は目から始まる!?目の老化を防ぐために摂りたい3つの栄養
老化防止には指運動が効く!効果的な指の動かし方とは

老化の改善対策とは

老化は、人にとって止められるものではありませんが、「仕方がない」と諦めてしまうものでもありません。少しでも若く、健康でいられる方が、自分も楽しいし、まわりの人も嬉しいはずです。

・老化を止める!
嗅覚の衰えは年齢が原因?トレーニングで鼻を鍛えて健康を守る
ナスに秘められた健康パワー!抗酸化物質で老化をストップ!

アンチエイジング!という言葉を、最近よく耳にします。「若返り」を!という意味合いにとらえる方も多いと思いますが、どちらかと言えば、若返るというよりも、現状を維持して、これ以上老化を進行しないようにしよう!という考えだと捉えられた方がいいかもしれません。

アンチエイジングは、自分で意識するところからがスタートです。

・老化予防、若返りを目指そう
自分でできる簡単で最強のアンチエイジングの秘策

リハビリの重要性

物覚えが悪くなったり、もの忘れが増え、それらを脳の老化のせいだと思われていませんか?実は、脳は老化しないと言われています。

探究心や興味、好奇心が薄れることによって、脳から出るθ波の量が減るということが、もの忘れや物覚えに関わっているようです。つまり、いつまでも好奇心や探究心、物事に対する意欲を持ち続ければ、脳はしっかりその活動を続けてくれます。

諦めないで、ご自分が好きなこと、やってみたいことを見つけられてはいかがでしょうか?

・θ波を心がけよう
最近新しい事が覚えられない、それは脳の老化ではありません

寝たきりの方でも、動かせる部分を使うことは、とても大事なことです。年齢のせいではなく、動かさないことで、筋肉は弱り、固まってしまうからです。

1週間動かさないことで、そのリハビリには1カ月がかかります。なるだけ早い段階で、リハビリを開始することが、健康を保つためには重要なことなのです。

・筋力アップを目指そう
筋力低下で臓器にも障害が…寝たきりでもリハビリが必要な理由

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る