TOP > > 精神科医による医学面での夢と精神状態の話

精神科医による医学面での夢と精神状態の話

精神科医による夢の研究

夢と精神状態の関わりといえば、精神科医であるフロイトやユングの研究が有名ですね。この二人の研究は現在の精神医学・臨床心理学の礎となりました。フロイトの著書である「夢判断」は後の精神医学界でも誰もが一度は目にする程ポピュラーなものです。

夢の研究は古くから行われていましたが、それらは神学的な観点によるものでした。その後の研究では“睡眠中に受ける刺激が夢となってあらわれる”と考えられるようになっていきました。

しかし、フロイトはそれだけではなく、夢と精神状態の関連性を科学的に解明することを目指した第一人者でもあるのです。フロイトは、夢とは深層心理に閉じ込められた抑圧された願望が無意識のうちに引き出され、欲望を具現化することができるものと説いています。

一時期フロイトと共に研究を重ねていたユングもまた、無意識下の抑圧と記憶、または自我の原形の表れとしています。そしてその具現化された記憶や願望が未来へとつながるエネルギーになるといいます。

“夢は無意識から現れたもの”という部分で二人の見解は共通していましたが、フロイトはその抑圧すべては性的な願望としていた為、見解の相違が生じ決別に至った原因の一つにもなりました。この決別は現在でもフロイト派、ユング派ともいわれ異なる夢分析がなされています。

脳で見る?心で見る?夢の仕組み

人は、実はほぼ毎日夢を見ています。神経生理学でいうと、夢は脳が記憶を整理する中で起こる現象であり、ランダムに思い起こされる映像を勝手にストーリーがあるかのように見立てているにすぎないといわれています。

人の記憶とは自分自身は覚えていない事でも、脳の記憶を司る部分が形成され、機能し始めた時からその奥深くで記録されています。思い出せないだけであって産れた時、あるいは生まれる前からの記憶はレコードされ蓄積され続けていたのですね。

夢に映し出される見たことのないものや、行ったことのない場所、会ったことのない人までも、脳の深層部の記録からよびおこされた無意識下の記憶映像なのです。

総合すると、これらの無秩序に選別されてあらわれる無意識下の記憶と、自分の中の深層心理に押し込められた抑圧の具現化が夢の正体だったのです。

たまたま理屈の通ったストーリーとして組み立てられた夢が、後の出来事と似通った節があった場合、あたかも夢をなぞらえたかのように解釈する、それがいわゆる正夢です。記憶と願望を素材にしてできている夢ですから、正夢をみる可能性は大いにあるということですね。

時には夢のない話も

患者の内面を知る手段として精神科、心療内科などでは夢を参考にする場合がありますが、現代の精神科医師の中では、夢の分析から精神状態を読み取り治療に結びつけるという観点はあまり持ってない方が多いのが事実です。

医師とは、患者が訴える症状という現象から原因である病気を読み取り最善の対処である治療を考えてくれる科学者ですので、夢のような主観的であいまいなものから直接、病気の特定や治療を施すのは論外といえるでしょう。

治療への活用

一方、心理学の分野では夢からのメッセージが精神疾患の傾向を掴むヒントとして活用されています。無意識の深層心理に隠された記憶が夢に現れるのを見逃さなければ、心因性の病気のもととなるトラウマやストレスを探る手立てになりうるともいえます。

このように夢を精神分析の材料とし、治療に結び付けています。夢の解析のほか、催眠によって引き出される事も多いようですね。

ほんとうはこわい夢判断

ネットや書籍で夢判断・夢診断・夢占い等が自分でも気軽にできますが、キーワードに対する表記、解釈は様々ですね。中にはちょっと恐ろしいほどの分析がなされているものもあります。

これらは実際の精神科、心療内科等のカウンセリングとは別物とし娯楽と考え、真剣に捉えすぎるとそれこそ心因性の病気になりかねませんのでほどほどに楽しみましょう。

こころの状態によっては好きな夢が見られるかも!?

その他、夢には単純にその時々の願望が現れます。例えば尿意をもよおしていればトイレの夢や水難の夢。お腹が空いていれば食べ物の夢を見るなど。寝る直前に強く考えていた事も割と簡単に夢に出現してきます。

何か心配事があれば、その事柄についての夢をみますね。寝坊してはいけないと、強く思っ6ていると、きちんと起きて出かける準備をしている自分の夢を見たことはありませんか?

無意識下からくる夢との違いは具体性です。深層心理が映し出される夢はどうも抽象的であるから、ミステリアスで魅力的ですね。それ故、夢判断、夢診断、夢占い、と人は夢に魅了させられるのではないでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る