TOP > > たった1℃の体温差で免疫は五倍も違う!~理想の体温になろう

たった1℃の体温差で免疫は五倍も違う!~理想の体温になろう

体温が下がると、人の身体の免疫力は30%も低下すると言われています。日本人の平均体温はおよそ36.8℃が理想とされていますが、最近の若い人の中には平熱が35℃台など、特に女性は低い方が多く、風邪をひきやすい原因になっていたりする様です。

35℃というのは実は体内のガン細胞が最も増殖に適した温度とされ、また低体温は体内を酸化に傾ける為病気に対する抵抗力も弱まります。いざ病気になっても治りが遅い為に体内環境を悪くし、結果免疫力がどんどん下がってしまう原因になります。

一概に男性の方が体温が高いとされていますが、これは筋肉量の違いによるものです。筋肉が多い程消費するカロリーは多くなり、体温も比例して上昇します。

なにかと痩身がもてはやされる昨今、必要な筋肉まで落としてしまうのは賢明ではありません。運動する暇がない方でも部位を絞って鍛えるなどして美と健康の両立を目指しましょう。

1℃で変わる!免疫力の不思議

重い風邪をひくと、我々の身体は熱を出して体温を上昇させます。これは体温が1℃上昇すると身体の免疫力が5倍以上も上昇する為で、風邪を早く治すには体温を高い状態で維持すると良いと言われるのはこのためです。もちろん、高すぎる熱は脳のタンパク質を破壊する為良くありません。身体は暖め、頭部は冷やすと言うのがポイントです。

体温が高い人は新陳代謝が良く、老廃物などの排出がスムーズなため老化しにくいという意見もあります。血液のめぐりも良くなる為、身体に不調が起こりにくいのです。

冷え性や肩こり、腰痛などは全て新陳代謝の低下が原因です。運動が身体に良いとされるのは極端に言ってしまえば「体温を上げる」為であり、筋肉にカロリーを消費させる事が目的といえます。

いつでも、どこでも!お腹凸凹運動のススメ

いくら体温上昇のため、健康のためと言っても、運動を習慣にする事はなかなか難しいものです。運動を行うというプロセスにストレスを感じる方も居ます。

そこで、運動という概念を少し変化させて、「癖」のようなものにしてしまいましょう。運動量が小さくても、日常のシーンにとけ込ませる事で知らないうちに筋肉が鍛えられます。

オススメしたいのが「お腹凸凹運動」。お腹をへこませたり、膨らませたりするのを繰り返すだけ。とても簡単です。有酸素運動にする為に膨らむ時は息を吐く、へこませる時は息を吸う事を心がけましょう。

慣れて来たらリズムをつけ、凸凹を二段階に(へこむ、へこむ、ふくらむ、ふくらむ、という様に)してみましょう。歩きながらやるのも効果的ですが、もちろん仕事で机に向かって居る時や家でリラックスして居る時にも無理なく行う事が出来ます。

やるとやらないでは筋肉にかなりの差が出ますので、是非とも今日から身につけてしまいましょう。ウエストも同時に引き締めて、身も心も健康に、美しくなれそうです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る