TOP > 適応障害

適応障害…!?でも悩まないで!

適応障害とは精神と大きく関係した病気です。現代に多いこの適応障害とは、いったいどういった病気なのでしょうか?

適応障害とはなにか

現代はストレスフルな社会だと言われるようになりましたが、現代ならではの多くの病気が生み出されています。適応障害もその一つといえる現代ならではの病ですが、ストレス障害であり精神疾患の一つとして分類されています。

この適応障害の原因はストレスです。現代はストレスが多い社会になっていますが、それが原因で日常生活に支障をきたすことになる病気です。ストレス耐性など人によって違うため、どれだけのストレスで適応障害になるかは人それぞれです。

適応障害の症状について

適応障害でおこりうる身体的な症状というものは、頭痛やめまい、吐き気や胃炎、全身倦怠感などがあげられます。他にも不安になったり抑うつ状態になったりするなど、様々な症状が人それぞれでおこるのです。

また症状が非常にうつ病と似ているということもあって、うつ病と間違えられることも多いです。しかしストレスが原因でおこる適応障害とうつ病とは違う病気とされています。ですので自分自身で判断せず、専門家に診てもらうことが重要です。

適応障害の治療

抑うつ状態や不安感があるときなどは、適応障害の治療の一環として薬剤の投与というものが行われます。うつ病と同じような方法ではありますが、適応障害の場合はストレス要因を取り除くことで大きく改善することがある点がうつ病との違いです。

ですのでどういったストレスを感じている事があるのか、それがわかればそのストレスを除去することにより改善することが考えられます。自分自身がどういったストレスを感じているか、それを知ることが治療の始まりと言えます。

・適応障害を克服しよう!
知らない間に適応障害が悪化!対処のカギはストレスを見つけろ
独身女性に多い適応障害を克服する!日頃から心掛けたい3つの習慣

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る