TOP > > 咳を止め、痰を切るツボ!よく効くツボを押してスーッと楽に

咳を止め、痰を切るツボ!よく効くツボを押してスーッと楽に

woman-coughing

咳は体が起こす防衛反応で、体内に入った異物を排出しようとして反射的に起こっています。痰は気管支に溜まる分泌物で、これにより体内に異物が侵入することを防いでいます。

このようにそれぞれきちんと役割があって起こるものなので、無理に止める必要のない場合もあります。

でも咳をしてはいけない時や、咳が長引く時には一刻も早く止めたいものですよね。

こんな時にはツボ指圧が効果的です。今回は咳・痰によく効くツボをまとめてみました。覚えておくと咳を止めたい時に重宝しますよ。

即効性がある咳止めのツボ3つ

数ある咳止めに効くツボの中でも、即効性のあるツボを紹介します。一刻も早く咳を止めたい時には次のツボを指圧してください。

自分で手軽に指圧できるものばかりなので、是非覚えておいていただきたいと思います。

尺沢

咳を止めるツボ尺沢の位置

尺沢(しゃくたく)はひじの内側にある肺経のツボです。。尺=前腕、沢=凹みを意味します。

つぼの探し方

  1. ひじを折り曲げる
  2. 内側にできるしわの上、親指側にある筋肉の外側を押してみる
  3. しわの外側にあるくぼみが尺沢
指圧方法

もう片方の手でひじの内側をつかみ、親指の腹を尺沢に当てます。円を描くように強めの力で揉みほぐしましょう。3秒×5回ほどで効果がみられると思います。
こんな時に指圧しよう

風邪やぜんそくで咳こみが止まらない時に。肺経に属しているツボなので、呼吸器全般の症状にも効果があります。

孔最

咳を止めるツボ孔最の位置

孔最(こうさい)は前腕にある肺経のツボ。孔=鼻孔、最=最をあらわし、鼻孔に肺気を通すのに最もすぐれたツボという意味を持ちます。

つぼの探し方

  1. ひじの内側にある「尺沢」のツボを取る
  2. 尺沢から親指側に向かって3寸(指の幅4本分)のところを探す
  3. 押してみて硬くしこった部分が孔最(指圧のつど、押して位置を確認する)
指圧方法
もう片方の手で前腕をつかみ、親指の腹を孔最に当てます。痛くない程度にやさしく押すと良いでしょう。5秒×5回ほど指圧してください。

束ねた爪楊枝の先や柔らかいブラシの毛先で刺激するのもおすすめです。

こんな時に指圧しよう

咳をすぐに止めたい時に。扁桃肥大や風邪のひき始めに起こるのどの痛みにも効果があります。

天突

咳を止めるツボ天突の位置

天突(てんとつ)は首の付け根にある任脈のツボです。天=上、突=突出する、の意味があり、体の中心を走る任脈の上部に突出しているツボです。

つぼの探し方

  1. 鎖骨と鎖骨の中間にあるくぼみを探す、体の中心線上にあたる
  2. 強過ぎないように押してみて、圧痛を感じるところが天突
指圧方法
体に対して垂直に押すのではなく、関節を曲げた人差し指の先をひっかけるよう下に向かってやさしく押します。3秒×5回ほど指圧してください。
※注意!デリケートな場所なので強く押してはいけません。
こんな時に指圧しよう
風邪やぜんそくで咳こみが止まらない時に。のどの痛みや痰にも効果があります。

併せて覚えておきたい咳止めのツボ

次のツボも咳止めに効果があります。上記の3つを指圧してもまだ…という方は試してみてください。

大椎

咳を止めるツボ大椎の位置

大椎(だいつい・たいつい)は首の後ろの付け根にある督脈のツボです。椎=背骨を意味し、一番大きな背骨(第1椎)にあるツボをあらわしています。

つぼの探し方

  1. 頭を前に倒す
  2. 首の後ろを触り、一番高く出っ張っている背骨(第7頸椎)を見つける
  3. そのすぐ下にあるのが大椎

手のひらを首の付け根に当て、人差し指・中指のあたる位置を探ると見つかりやすいです。

指圧方法
片手または両手を首の付け根に当て、指先で大椎をやさしく指圧します。5秒×5回。また、大椎を温めると風邪の予防やひき始めの風邪の回復に効果があります。使い捨てカイロやドライヤーの温風で温めると良いでしょう。
こんな時に指圧しよう
呼吸器全般の症状に対応しているツボです。特に風邪、ぜんそく、せき込みによる肩や背中の筋肉痛に効果があります。

定喘

咳を止めるツボ定喘の位置

定喘(ていぜん)は「大椎」の横にある奇穴のツボです。定=安定、喘=喘息を意味し、喘息の咳を鎮めてくれます。

つぼの探し方

  1. 上記の「大椎」を探す
  2. 大椎の左右、0.5寸(約1.5㎝)横にあるのが定喘

大椎と同じく首の付け根に手のひらをあてて指先で探ると分かりやすいです。

指圧方法
両手を首の付け根に当て、指先で左右の定喘をやさしく指圧します。5秒×5回。
こんな時に指圧しよう
風邪や喘息でせき込みのひどい時に。大椎と同じく風邪予防にも効果のあるツボです。

咳喘点

咳を止めるツボ咳喘点の位置

咳喘点(かくぜんてん)は手のひらにあるツボです。咳、喘息に効果のある点(ツボ)を意味しています。

つぼの探し方

  1. 手のひらの人差し指と中指の付け根の少し下を押す
  2. 圧痛のある場所が咳喘点
指圧方法
指の爪先を当ててぐりぐりと刺激します。数本の爪楊枝を束ねて押し当てるのも効果的です。5秒×5回ほど刺激しましょう。
こんな時に刺激しよう
風邪や喘息でせき込みのひどい時に。

痰が切れやすくなるツボ3つ

上記の咳を止めるツボに併せて、次に紹介するツボを指圧すると、痰が切れやすくなります。

水突

痰に効くツボ水突の位置

水突(すいとつ)は首にある足陽明胃経のツボです。食べ物を飲み込む時に突き出る、という意味があります。

つぼの探し方

  1. のどぼとけの両脇で斜め下、首の筋肉(胸鎖乳突筋)上を指で押す
  2. 痛みを感じる部分が水突
指圧方法
両手の指先を左右の水突にあてがい、やさしく包み込むようにじんわり押し当てます。そのまま5分間じっくり指圧してあげましょう。
こんな時に指圧しよう
痰、のどの痛みや腫れが引かないとき。

中府

痰に効くツボ中府の位置

中府(ちゅうふ)は鎖骨にある肺経のツボです。中=脾臓、府=集まるを意味し、脾経をめぐった経脈が集まる場所にあたります。

つぼの探し方

  1. 鎖骨外側の下にあるくぼみを探す
  2. くぼみから親指1本分下に中府がある
指圧方法
3本の指をそろえて鎖骨の下に当て、指先で中府を指圧します。5秒×5回。
こんな時に指圧しよう
肺全般の症状に効果のあるツボです。痰、咳、ぜんそくに効果があります。

だん中

pot-that-is-effective-cough-and-phlegm-danchu0124

だん中(だんちゅう)は胸にある任脈のツボ。だんは心臓の下にある膈膜を意味しています。

つぼの探し方

  1. 左右の乳頭を結んだ線の中心をさがす
  2. どちらかの乳頭から水平に指でたどっていくと、胸の真ん中にひっかかるくぼみがある
指圧方法
筋肉の薄い場所にあるツボなので強く押すと不快感があります。押すというより、しばらく指の腹をやさしく当てる程度が良いでしょう。
こんな時に指圧しよう
痰を伴う咳、胸の痛みに効果があります。

咳こみ過ぎて背中の筋肉がこったら押したいツボ3つ

咳をするたびに、筋肉の収縮を伴い体には大きな負担がかかっていることをご存知ですか?

強い咳は1回につき2kcalのエネルギーを消費します。1分に1回咳が出たとしても、咳が長引けば半日で1,000kcal近いエネルギーを消耗することになってしまいます。

咳こみ過ぎると胸や背中の筋肉がこったり、筋肉痛が起こることも少なくありません。

こうした筋肉のこりや痛みにもツボ指圧がおすすめです。これから紹介するツボは背中にあるので、他の人にマッサージをお願いしてくださいね。

一人で指圧する場合には、ゴルフボールやテニスボールがツボに当たるように仰向けに寝ると良いですよ。

咳きこみ過ぎてこった背中の筋肉をほぐすツボ風門肺兪心兪の位置

風門(ふうもん) 風邪が出入りすると言われるツボ。風邪の治療に欠かせない。
肺兪(はいゆ) 肺の疾患を治すツボ。呼吸器全般の症状に効く。
心兪(しんゆ) 咳で背中の筋肉がはっている時に。
指圧方法
左右の肩甲骨の間で、背骨から指の幅2本分のところをマッサージします。背骨と肩甲骨の間に風紋、肺兪、心兪が縦一列に並んでいるので、この部分をまんべんなくマッサージすると一度に複数のツボを刺激することができます。

手でマッサージする時は手のひらで押すように、ゴルフボールで刺激する時は体を少しずつずらして、痛気持ち良い強さで5分間ほど指圧してください。オイルマッサージをしたり、カイロで温めるのも効果があります。

咳の原因も取り除きましょう

ツボの種類は非常に多く他にも咳や痰に効くツボはたくさんありますが、指圧しやすい代表的なものを紹介しました。

副作用もなく、薬より即効性のあるツボも多いので是非お試しください。併せて咳の原因も取り除きましょう。

煙草の煙、乾燥はのどを刺激するので避けてください。風邪や呼吸器の病気のある人はしっかり治療を行いましょう。

また指圧だけで症状が回復しない場合は、必ず受診して適切な治療を受けるようにしてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る