TOP > > 自分で出来る!即効性も!イライラした時に押したいツボ5か所

自分で出来る!即効性も!イライラした時に押したいツボ5か所

イライラにはツボ指圧

日常の中ではイライラすることが起こりやすいものです。イライラは良くないと分っていても、些細なことで腹が立ったり、自分に非がなくても第三者のせいでイライラさせられてしまう、といった経験があります。

イライラすると周囲にあたってしまいがちですが、それでは人間関係にひびが入る原因にもなりかねず何も得をしません。できれば大人の対応でイライラを鎮めたいものです。そんな時におすすめなのがツボ指圧です。イライラを鎮めるツボを押すことで気持ちが落ち着いてくるでしょう。

自分で指圧できるおすすめのツボ

自分で指圧できて即効性もあるツボを紹介します。人前でもばれにくいのでイライラしたらさっと押しましょう。

「内関(ないかん)」

手首のしわから指の幅3本分上で、2本の太い腱の間にあります。イライラしている時に押すと圧痛があります。精神不安定、イライラ、不眠に効果があります。また、胃痛、吐き気、乗り物酔いにも効果があります。

指圧する時はもう片方の手で手首を握り、親指の腹で内関を押すようにするとよいでしょう。強く押すと刺激が強すぎるツボなのでやさしく押します。

「神門(しんもん)」

手首のしわの小指側にあります。少しへこんでいるところが神門です。イライラに効く定番のツボです。精神の安定、動悸、緊張、ストレス、うつ、不眠に効果があります。そのほか、便秘、肝機能の向上にも効果があります。

親指で指圧しても良いですし、もう片方の手で手首を握り手を前後にブラブラ振っても簡単に神門の指圧が行えます。

「労宮(ろうきゅう)」

手のひらのくぼみの中央にあるツボです。イライラ、ストレス、うつ、疲労回復に効果があります。疲れが溜まっている時に押すと痛みが強くなるツボです。もう片方の手の親指で押すのも良いですし、ゴルフボールや殻つきのクルミを握って指圧するのも気持ちが良いです。

「手心(しゅしん)」

手のひらのくぼみの中心にあります。イライラ、不安、興奮、不眠に効果があります。貧血、腸の症状にも効果があります。もう片方の手の親指で「の」の字を書くようにゆっくり押し揉みすると気持ちが良いでしょう。

「指間穴(しかんけつ)」

手のそれぞれの指の股にあります。人差し指から小指までの3か所のツボを指間穴、親指と人差し指の間のツボを虎口(ここう)といいます。イライラ、自律神経の乱れ、冷え性に効果があります。両手を組み合わせてツボを刺激すると気持ちが良いでしょう。

イライラに効くその他のツボ

「大敦(たいとん)」

足の親指、爪の生え際の人差し指側にあります。イライラ、集中力アップ、肝機能アップに効果があります。手の親指と人差し指で足の親指を挟んで大敦を押します。

「太衝(たいしょう)」

足の甲の親指と人差し指の間から上がって骨の間に突き当たる所にツボがあります。イライラ、ストレス、目の乾燥、疲れ目、冷え性に効果があります。椅子に座ったまま、もう片方の足で踏んで指圧することもできます。

「腎兪(じんゆ)」

腰にあるツボで、ウエストの左右に手を当てた時に指の先が触れる、背骨から指の幅2本分の位置にあります。イライラ、疲れ目、腎機能アップ、生理不順、むくみに効果があります。腰に手を当てて親指の腹を腎兪に当て、状態を後ろに反らすと指圧の効果があるでしょう。

「百会(ひゃくえ)」

頭頂部にあるツボで、両耳を結んだ線の中央より少し後ろにあるくぼみ、まさに頭のてっぺんにあります。脳、頭に関係するツボでイライラ、不眠、頭痛に効果があります。押すと圧痛があります。指の腹を押し当ててゆっくりもむようにするとスッキリして気持ちが良いです。

これらのツボは自分で指圧しても良いですし、誰かに指圧してもらっても気持ちが良いです。家族や職場の同僚にも教えてあげてみんなでイライラを解消していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る