TOP > 高所恐怖症

高所恐怖症は克服できる!

高いところが怖い!という方は多いかもしれませんが、それは高所恐怖症でしょうか?どういった症状がでるのか、またその原因をご説明します。

高所恐怖症は病気

高いところにいると足がすくみ、怖いと感じることってありませんか?東京タワーやスカイツリーなど、高いところに行けば誰もが少しは恐怖を感じるものです。しかし怖さを感じる人は全員が高所恐怖症であるというわけではありません。

単に高いところで怖さを感じる人は高所恐怖癖と言われて、明確に区別されています。人間は誰もが高いところは怖いものですが、高所恐怖症は不安障害の一種であるため、あまり高くないところであっても足がすくんで動けなくなったり腰を抜かしたりしてしまうこともあるのです。

高所恐怖症の原因

高所恐怖症は近代においてどんどん少なくなってきている、と考えられているようです。過去、あまり高いものがなかった時や飛行機や高層ビルが当たり前ではなかった時代には高所恐怖症であった人は今よりも多かったようです。

つまり昔はそういった高いところイコール死の恐怖というものが大きかったために、不安を抱える人が多かったと考えられます。しかし今は飛行機が墜落する可能性は極端に低いため、多くの人が不安を覚えなくなっているのです。

高所恐怖症を克服する

高所恐怖症の人たちに何らかの薬を投与してもほとんど効果はなく、結局のところはこの症状を緩和させるためには不安を取り除くしかないと考えられています。何らかのトラウマがあるなどの過去が関係している場合もあります。

不安に思うきっかけをカウンセリングなどで話すことが治療につながる可能性もありますので、まずは高所恐怖症かもと思うのであれば近くの心療内科に相談をしてみましょう。

・高所恐怖症を克服しましょう!
スカイツリーの展望台もOKに!「高所恐怖症」克服ポイント

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

ページ上部に戻る