TOP > > 背中の「かゆみ」は乾燥肌のせい?冬に多い「背中ニキビ」かも?

背中の「かゆみ」は乾燥肌のせい?冬に多い「背中ニキビ」かも?

就寝しようとすると、背中が痒くなる。乾燥肌だし・・・なんて思っていませんか?自分で直接見ることのできない部分だけに中々気づきにくいのですが、「ニキビ」ができているのかもしれません。

かゆみ

「かゆみ」は、いろいろな原因で起きてきます。多くは、温度の変化や「かぶれ」なのですが、何に反応しているのかを早めに突き止めないと症状が悪化してしまう恐れが出てきます。その「かゆみ」がいつ起きたのかを、最低でも記憶しておく事が重要です。

また、空気の乾燥が酷くなると、全身に「かゆみ」を覚える人が、結構いるようです。特に、身体が温まると「かゆみ」が強く感じられ、かきむしってしまう人も。目で確認でき、そこに何も出来ていなければ乾燥肌の可能性が大きいと思われます。

でも、背中の場合は自分で直接確認はできません。乾燥肌だと思っていたら、パートナーに「何かできているよ」なんて告げられ、恥ずかしい思いをする可能性もあるのです。

背中のニキビ

背中に、プツプツと発疹が出来てきます。これが、「かゆみ」の原因「背中ニキビ」です。「かぶれ」も発疹を伴いますが、その場合は「かゆみ」と同時に平面的な赤みも伴ってきます。

まず、かゆいからと言って、背中をゴシゴシ洗うのは逆効果です。ナイロンのボディタオルやブラシで身体を洗う方法は、本来ならあまりオススメ出来ることではありません。刺激が強すぎたりする場合が多く、さらに、そのタオルやブラシは清潔に保管されていますか?

強すぎる刺激で皮膚を傷つけてしまい、その傷口から雑菌が侵入してしまう。という事も十分に考えられますので、もし、使用するのであれば、清潔に保管できるように気を配る事が大切です。

皮膚の事を考えるのであれば、十分に泡立てた石鹸を手のひらに付け、それで洗うのが理想的なのです。皮膚科のドクターの中には、石鹸すら必要がない。と言うドクターもいます。

ですから、使用する石鹸は刺激の少ない物を意識して選ぶ事が大切なポイントになります。顔のニキビは油分が原因の一つになるのですが、背中のニキビは乾燥が原因になっています。

入浴の後に、十分に保湿することが完治への最短方法です。また、寝具を清潔に保ち、吸湿性の良い木綿やシルクなどのパジャマを身につける事がオススメです。

乾皮症

これは、年齢とともに現れて来る事が多く、ホルモンの分泌に起因する様です。冬場、特に乾燥する時期にかゆみが強くなり、粉をふいたように表面が白っぽくなります。

体温が上がってくると、かゆみが強くなるので、入浴後の保湿が重要です。ただ、夏場には治まる事が多く、もし一年中「かゆみ」を感じているなら、糖尿病などの疾患を疑う事も大切になってきます。

いずれにしても、保湿は大切です。背中を誰に見られても大丈夫な様に、普段から手入れしておくことは、女子力の維持の為にも必要なことと思われますので、是非頑張ってくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る