TOP > > 思春期ニキビができやすい場所の“おでこ”!その対処法とは?

思春期ニキビができやすい場所の“おでこ”!その対処法とは?

『ニキビは青春のシンボル』などという言い方をする人たちがいますが、できてしまう当の本人からすれば、その海よりも深い大きな悩みのことを考えると、そんなキレイ事にも聞こえてしまう言葉で片付けてほしくない思いがあるのではないでしょうか?

かくいう筆者の私も、青春時代の一番楽しい時期に『何の嫌がらせなの?』と思えるほど、ニキビには大いに悩まされたものです。そんなニキビなのですが、思春期にできやすいタイプに、おでこニキビがあります。

そもそも、おでこはニキビができやすい場所とも言われているんですね。ここでは、おでこという場所にできるニキビの原因と、その対策についてご説明してまいりたいと思います。

ニキビができる原因

一般的にはニキビと言われておりますが、医学の世界で使われている正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と言いまして、皮膚の炎症性疾患のことなのです。また、ニキビと言われるのは20歳までで、それ以降は多くの場合、吹き出物などと表現されます。そんなニキビなのですが、なぜできてしまうのでしょうか?

思春期にできやすい“おでこニキビ”

おでこという場所にできるニキビは、思春期にできやすいと考えられております。人間にとって思春期というのは成長ホルモンの分泌量が活発なため、ホルモンのバランスが崩れやすい状態にあります。

皮膚にとってはなくてはならない皮脂なのですが、ホルモンのバランスが崩れると、皮脂は過剰に分泌されてしまうことがあります。そうすると毛穴が詰まってしまい、アクネ菌などの増殖を招いて炎症を起こし、ニキビができてしまうわけです。

もし、思春期を過ぎても、おでこにニキビができてしまうようであれば、生活習慣に問題がある可能性があります。例えば、ニキビのできやすい食べ物を食べていたり、不規則な生活を送っていたりしますと、ホルモンのバランスが崩れてニキビはできやすくなってしまいます。

Tゾーンに位置する“おでこ”

元々、おでこという場所は、顔の中のTゾーンと言われる皮脂の分泌量が多い部分でもあるのです。おでこは、このTゾーンのちょうど横棒に位置するわけですね。

また、おでこから鼻筋にかけては、やはり顔の正面ということで非常に目立つところでもあり、その分、悩みも大きくなってしまうはずです。思春期を迎えた人にとってTゾーンは、特に注意すべき場所なのです。

おでこにできるニキビの対処法

特に思春期にできやすいと言われている、おでこニキビ。そして、皮脂の分泌量が多いTゾーンに位置するおでこなのですが、この場所にできるニキビへの対処方法には、いくつかのポイントがあります。ここでは、おでこニキビの対処法のポイントについてご説明したいと思います。

正しいスキンケアを心がけましょう

おでこニキビにできる何よりの対策は正しいスキンケアにあります。日々の洗顔にあたっては、ニキビ専用の石鹸を使うようにしましょう。朝と夜に行う洗顔は、少しばかり強い感じの洗顔石鹸で、優しく丁寧に、そして確実に皮脂や汚れを洗い落とします。

洗顔した後は、しっかりと保湿をしましょう。保湿の際、油分の多いクリームであるとか、乳液は使うべきではありません。そうでないと、おでこが油っぽくなって、ニキビができやすくなってしまいますからね。

昼間、洗顔する場合は、上記の洗顔石鹸よりも弱めのタイプを使うか、水だけで洗顔するほうがよいでしょう。できれば、弱くてマイルドなタイプを使いたいところでもあります。毎回、強いタイプの洗顔石鹸を使ってしまいますと、必要とする皮脂まで洗い落としてしまうことになりますので、ご注意ください。

入浴時に注意すべきこと

皆さんもお風呂に入った時というのは、当たり前のようにシャンプーやリンスを使うと思うのですが、このシャンプーやリンスのすすぎ残しが、おでこに付着していたりしますと、ニキビの原因になりかねません。

ということで、シャンプーやリンスはしっかりと洗い流すようにしましょう。できれば、最初にシャンプーやリンスを行った後から、洗顔をするようにしたほうが間違いがありません。もちろん、入浴後に洗顔しても良いのですが、ハッキリ言いまして二度手間ですよね。

また、シャンプーやリンスの洗い残しは、背中にも残る可能性があります。背中だってニキビができやすい場所ですから、やはりボディ洗いや洗顔は洗髪後が望ましいでしょう。

おでこニキビを髪の毛で隠していませんか?

おでこにニキビができてしまいますと、どうしても髪の毛で隠したくなるものです。しかし、ニキビができている状態で髪の毛で隠してしまいますと、ニキビと髪の毛の接触を避ける事ができなくなってしまいます。

ニキビに髪の毛が触れると雑菌が繁殖しやすくなって、悪化する可能性がありますので、髪の毛は、おでこにかからないようにしましょう。

紫外線対策も必要です

紫外線が皮膚に良くないのは、皆さんもよくご存知のことと思うのですが、実はニキビにも悪影響があるんですね。思春期の方には、シミ対策と言われてもピンとこないかもしれませんが、若いうちから紫外線対策をしっかりと行っておけば、将来的なシミ対策になりますし、ニキビ対策にもなるのです。

若くても、紫外線はニキビにとっても大敵であることをしっかりと認識していただきたいと思います。

思春期を過ぎても“おでこニキビ”ができる方へ

思春期を過ぎても、おでこにニキビができてしまう方がいらっしゃいます。このような方たちというのは、生活習慣に問題があったり、運動不足やストレスが原因として考えられますので、栄養バランスの取れた食生活と、適度な運動に充分な睡眠時間の確保、さらにはストレスを溜めない工夫が必要です。

生活習慣の乱れやストレスの蓄積はホルモンのバランスを崩し、ニキビの原因になってしまいますからご注意ください。

ニキビと食べ物の関係

当たり前のことではありますが、食べ物というのは、良い意味でも悪い意味でも体に色々な影響を与えます。食べ物の中にはニキビのできやすい食べ物があるんですね。ニキビができやすい体質の方は、ニキビができやすい食べ物は絶対に避けるべきです。

もちろん、ニキビができることよりも好きな食べ物を食べたいということであれば、その限りではありません。また、食べ物の中には、ニキビに良い食べ物もあります。このような食べ物は積極的に摂取したいところですよね。

ニキビができやすい食べ物

ニキビのできやすい食べ物には、下記のようなものをあげることができます。

【甘いもの】

年齢問わず、女性って“スイーツ大好き”という方も多いかと思うのですが、甘いものの食べ過ぎは絶対にNGです。チョコレートやケーキのような食べ物は、糖分がたくさん含まれていることから、食べ過ぎますと皮脂の分泌量が増えてしまいます。“スイーツ大好き”の女性も、ニキビを避けたいのであれば極力控えるようにしましょう。

【脂肪分の多い食べ物】

若い方たちというのは、フライドポテトのような揚げ物が大好きな方も多いようですが、揚げ物は脂肪分がたくさん含まれておりますので、できるだけ控えるべきです。

また、肉類もやはり脂肪分の多いものが多いので、注意が必要でしょう。鶏のささみなどは、脂肪分が少ないので問題ありません。また、ナッツ類のピーナッツやアーモンドなども、皮脂の分泌量を増やすことになってしまいます。

【刺激物】

辛いものなどのような刺激物は、胃荒れの原因になります。胃が荒れると、実はニキビができやすくなってしまうんですね。また、香辛料のような刺激物は、血行を一時的に良くする効果があるのですが、これがまたニキビを刺激して、ニキビの炎症を悪化させることがあるのです。香辛料などの刺激物もまた、控える必要がありますね。

【スナック類】

スナック菓子のような食べ物は、脂っこかったり甘かったりしますので、やはり皮脂の分泌を促進することから、ニキビの原因になってしまうのです。

【お酒】

思春期の方には関係ありませんが、その時期を過ぎても尚おでこニキビができる方は、お酒には注意が必要です。アルコール類の中には、糖分がたくさん含まれているものもあるんですね。どうしてもお酒を飲みたいということであれば、極力低糖タイプのお酒を飲むようにしましょう。

【コーヒー】

最近は、その含まれている有効成分からコーヒーは体に良い飲み物と言われるようになりました。しかし、おでこニキビの観点からは、あまり推奨できません。なぜならば、やはりコーヒーは刺激物なんですね。コーヒーを飲み過ぎますと、皮脂腺を刺激してしまいます。その結果、皮脂の分泌が促進されてしまうのです。

ニキビに良い食べ物

各種のビタミンというのは、ニキビに良い食べ物と言われております。具体的には、下記のようなものをあげることができます。

【ビタミンB2】

ビタミンB2は、細胞の成長や再生を促す作用があることから、皮膚を作るためには欠くことのできないビタミンなんですね。さらにビタミン2は、糖質や脂質を代謝する補助をしてくれるのです。具体的にビタミンB2を豊富に含む食材としましては、レバー、牛乳、ホウレン草、納豆、ウナギ、サバ、タマゴをあげることができます。

ビタミンB2を摂取するにあたっては、注意すべき点があります。実はビタミンB2というのは、水溶性ビタミンのため水分に溶けて流出してしまうことから、体内に溜めておくことはできません。したがいまして、一度にたくさん摂取するのではなく、毎日こまめに摂取する必要があるのです。

【ビタミンB6】

ビタミンB6もまた、皮膚を作り出す際に、なくてはならない栄養素なんですね。さらにビタミンB6は、免疫の機能を正常に維持するよう働きかけてくれます。そんなことから、ビタミンB6もニキビに良い栄養素ということになります。

ビタミンB6が豊富に含まれている食材としましては、マグロ、サバ、サンマ、イワシ、豆類などをあげることができます。要するにビタミンB6は、青魚に豊富に含まれているということですね。

【ビタミンC】

ビタミンCという栄養素は、免疫力を高める働きがあることから、感染症や風邪にも効果があると言われておりますが、肌に張りを与える効果があることから、ニキビにも良い栄養素と言われているのです。ビタミンCを豊富に含む食材としましては、ブロッコリー、赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ、レモン、ミカン、キウイ、イチゴなどをあげることができます。

おでこニキビは予防しましょう

ニキビというのは、できてから対策しても簡単には消えてくれませんし、下手に対処して悪化させてしまいますと、ニキビ跡になってしまいます。人の目に触れるご自身の顔に、ニキビ跡など残したくありませんよね。

以上ご説明してきた通り、おでこにできるニキビの原因を把握して、しっかりと予防することのほうが、できてから対策するよりも、肌をキレイに保つためには遥かに良いものなのです。ニキビ対策の努力を怠ってはいけません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る