TOP > > ニキビが治らないあなたに朗報!食べ物からニキビに対処する方法

ニキビが治らないあなたに朗報!食べ物からニキビに対処する方法

不健康な生活、乱れた食習慣が続くと肌にニキビが出来ていた。そんなことってありますよね。普段から気をつけていてもニキビになってしまう人もいます。

何が原因でニキビになったのかわからない、なかなかニキビが治らないなどという人は、まず、食生活から改めてみませんか?

身体を構成するもととなる食品を改めれば、ニキビになりにくくなる可能性も大幅に上がります。どのような食べ物がよくて何がだめなのか、一通りご紹介します。

ニキビに良い栄養素

ビタミンAは、不足すると、皮膚のカサカサ、肌の乾燥状態の原因になり、結果としてニキビになります。

うなぎ、小魚、緑黄色野菜、卵、牛乳、レバーに豊富に含まれていて、欠乏すると、視覚障害を伴う病気になる事があります。

ビタミンBは、皮膚や粘膜を保護するビタミンで、爪や髪の毛の発育、健康維持に関わっています。不足すると、肌荒れ、湿疹や皮膚炎などが起こります。

牛乳、チーズ、魚肉、卵、鳥、レバー、うなぎ、カニ、干しシイタケに豊富に含まれています。

ビタミンEは、抗酸化作用で老化を防止、動脈硬化などの生活習慣病の予防、血液の循環をスムーズにする効果、血中コレステロールを下げる作用があります。

緑黄色野菜、玄米、レバー、アボガド、卵、アーモンド、レモン、キウイに豊富に含まれていて、肌の老化を防ぐ若返りのビタミンと呼ばれています。

ビタミンB6は、タンパク質の代謝を促進する働きがあり、皮膚や髪の毛、骨や筋肉を成長させる働きがあります。皮膚の健康を保つビタミンで、皮膚の抵抗力を強めて、ニキビを予防します。

まぐろ、かつお、レバー、豆腐、納豆、ニンニク、バナナ、アボガドなどに豊富に含まれています。

ニキビになりやすい食べ物

ニキビに良い栄養素、ニキビに良い食べ物をご紹介しましたが、次は、これを食べるとニキビになりやすいというものを紹介します。

お米、パン、ポテトなどの炭水化物には脂質が多く含まれていて、ニキビの原因である皮脂の過剰分泌を促してしまうため、これらを摂り過ぎるとニキビになりやすくなります。

また、ケーキ、チョコレート、せんべいなど、これらに含まれる糖分は、胃の中で炭水化物と同じように脂質に分解されてしまいます。脂質は皮脂の過剰分泌に繋がり、ニキビの発生に繋がります。

また、揚げ物、ポテトチップスやとんかつ、天ぷらなどの揚げ物も脂肪分が多く、ニキビになりやすい食べ物です。

何がニキビに効くのか

上記のニキビに効く栄養素の項目を総合すると、レバーがニキビに効く食べ物として大変効果的であるといえます。

ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6などを豊富に含んでいて、ニキビのない健康な肌の状態を維持してくれるビタミンを多く含んでいるため、ニキビ改善に大変効果的です。

その他にも、緑茶はビタミンCが豊富、ビタミンAが豊富、老化防止効果がある、血液をサラサラにする、といった効果がありニキビにも効果的です。飲み物でしたら、他にもだったん茶、そば茶などがおすすめです。

また、納豆もニキビに良いと言われています。ビタミンEが豊富、大豆イソフラボンが豊富、ビタミンB2が豊富で、血液をサラサラにする効果があるので、血液の血流が滞る時間帯、例えば夕方に食べると効果的です。

このように、食べ物の組み合わせだけでも、ニキビになりやすいもの、ニキビになりにくいものといったものが存在します。もしニキビになってしまったら、自分の食習慣を改めてみて、ニキビ対策をしてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る