TOP > > 痛いにきびを早く治す方法!知っておくべきポイント5つ

痛いにきびを早く治す方法!知っておくべきポイント5つ

大人になってからのニキビは、腫れて痛みが出やすいうえに、なかなか治らないことも多くて困りますよね。思春期の頃のニキビと違って、大人のニキビは原因がさまざま。ケア方法も違ってきます。

今回は、大人のニキビを早く治すためにぜひ知っておきたいポイントを、5つご紹介します。治ってもすぐにニキビができてしまうという人や、一度できると治るまでに長引いてしまうという人は、ケア方法が合っていないのかもしれません。ぜひチェックしてみましょう。

1.ニキビを治す化粧品は存在しない

化粧品の中には、ニキビを治す効果があるかのように宣伝されているものがあります。CMなどを観ていると、それさえあればニキビが治りそうだと思えてしまいますが、そんなことはまずありえません。

化粧品には、ニキビを積極的に治療する効果はないんです。ただし、化粧品はうまく活用すれば、肌を清潔に保ってニキビを悪化させないという効果は得られます。化粧品はあくまで補助的なもの。ニキビ治療とは別に考えましょう。

2.皮脂の取り過ぎは逆効果

「皮脂=ニキビのもと」と考えてしまいがちですが、皮脂を取り除きすぎるのは逆効果です。皮脂を取りすぎてしまうと、肌は却って皮脂の分泌量を増やしてしまうので、結果的にニキビが悪化する場合があるんです。

皮脂には、肌を外部の刺激から守る大切な働きがあります。皮脂を取り除きすぎないように気をつけましょう。

3.睡眠は何よりの治療薬

肌は、受けたダメージを睡眠中に回復していきます。そのため、睡眠はとても重要。ニキビを早く治したいなら、睡眠をしっかり取ることが何よりの薬になります。

でも、ニキビを治すためだけに数日感だけ睡眠をとればいいというものでもありません。慢性的に睡眠不足な状態では、肌のバリア機能が低下したまま。治ってもすぐに次のニキビができてしまうことになります。

4.肌に触れるものはすべて清潔にする

ニキビを治すためには、肌自体はもちろん、肌に触れるものを清潔にしておく必要があります。顔を拭くタオルや枕カバー、シーツなどは、こまめに交換して清潔を保ちましょう。

また、忘れがちなのが、手には雑菌がたくさん付いているということ。顔を洗う時など、肌に触れる前には石鹸などで手を洗うことを習慣にしましょう。

5.症状に合ったニキビケアを

ひとくちにニキビといっても、原因や症状などが違うことはよくあります。「前はこの方法ですぐに治ったのに、今回はなかなか治らない」などという時には、対処法を変えてみるのも手。

例えば、白くプツプツしたニキビと黒いニキビ、赤く腫れて炎症を起こしているニキビでは、ケア方法が違ってきます。今できているのはどんな症状のニキビなのかを観察して、それに合ったケアをしましょう。

上手な治し方3カ条はコレ!

ニキビを早く確実に治す方法も挙げておきましょう。長引くニキビに悩む人は、ぜひこの3カ条を実践してくださいね。

きちんと「治療」を受ける

ニキビを早くしっかり治すなら、皮膚科で診察・治療を受けるのが1番です。この場合皮膚科では、症状をはじめ、皮表皮脂量や角質水分量などを見てもらったうえで、適切な薬を処方してもらうことができます。

スキンケア用品をしっかり選ぶ

自分の肌に合っていることはもちろん、その時できているニキビの症状に合ったスキンケアをすることが大切。皮膚科の診察時に相談してみましょう。皮膚科以外では、ドラッグストアなどの薬剤師に相談するのもひとつの方法。さまざまなスキンケア用品の中から適切なものを勧めてもらうことができます。

生活習慣を見直す

ニキビの原因自体にはいろいろありますが、ニキビができやすい生活習慣もあります。食事や睡眠など、生活を全体的に見直してみましょう。

気づくとできてしまっているニキビ。できれば、炎症が起きて痛くなる前に早くキレイに治したいですよね。適切なケア方法で、繰り返さないようにしっかり治しましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る